FC2ブログ
RSS

韓国狂乱

 文大統領は日米韓同盟解消に命をかけている。日本は本気で対抗しなければならない

 レーダー照射事件における、韓国政府の執拗な反応には、日本人みな驚いている。
 昨年、日本のEEZ内で不審な行動をしていた韓国船から、日本の哨戒機がレーダー照射を受けた。それをあろうことか、日本側に罪をなすりつけた。絶対に非を認めようとしない韓国に、あきれ果てた日本が匙を投げた。今度は日本の哨戒機が脅迫したと言ってまた噛みついてくる。並みのストーカーではない。

 それ以上に驚愕したのは、ほとんどの韓国民が韓国政府の言い分を鵜呑みにし、半数が日本への対応をもっと厳しくするよう要求していることである。 
 もちろんこのことは、北朝鮮・中国の工作員に乗っ取られた韓国メディアのプロパガンダに影響されたからである。だがそのインチキ情報を、無条件に信じることが信じられない。反日に目がくらむと、正気でいられなくなる。

                奇想天外

 問題なのは、韓国政府がこの問題を解決しようと思っていないことである。むしろ、事を荒立てようとしている。日本側は穏便に済まそうと考えていたのに、無理やりいちゃもんをつけ、問題を拡大している。これでは日本側も対抗せざるを得ない。

 なぜこんなことをするのか。
 ある専門家によれば、韓国政府は日米韓同盟を解消しようと思っている。自分から言い出すのでなく、日・米からの通告を待っている。韓国が中国・北朝鮮と結びつきたがっているのは歴然としている。
 しかも急いでいる。現大統領の任期中に、このことを成し遂げなければならない。つぎに保守系の大統領が誕生したら、ただでは済まない。死刑になる可能性もある。文大統領は命をかけている。
 日本は本気で対抗しなければならない。もう、あきれているだけでは済まない。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :