FC2ブログ
RSS

教師の暴力

 今回の「暴力」教師の何とやさしいことか。殴られた生徒は幸せである

 東京都町田市の都立高校で、生活指導の男性教師が男子生徒を殴る様子が動画で拡散され、騒ぎになっている。1年生の生徒がピアスをしているのを、教師が注意したことからコトが始まったらしい。動画の前半では、生徒が執拗に教師を挑発しているのがわかる。TV情報によると、生徒は以前から何度もピアスを外すよう言われていた。

 学校側と「暴力」を振るった教師は、生徒とその家族に謝罪し、件の教師は処分待ちで謹慎中だという。そしてワイドショーやネットなどで「専門家」のコメントを見ても、(生徒の言動に呆れながらも)教師の行動はいけないという。どんなことがあっても、教師は暴力を振るってはいけないらしい。

                仁王

 しかし、何があっても暴力はダメ、という考えは、きわめて単純で残酷である。
 殴られる前、生徒が教師に発していた言葉は、聞くに堪えないものであった。これほどひねくれた生徒は、口頭注意だけで矯正できるはずがない。「言うだけ指導」が成り立つのは、受けるものが一定レベルの者だけである。ここで痛い目に合わなければ、生徒は一生不幸になる。それを防ぐには、あの程度の「暴力」は必要であった。生半可なビンタでは未熟な人間は目覚めない。
 さらに教師も人間である。あそこまで生徒に罵倒され、何もしなかったら気が狂う。
 すなわちこの場合、暴力がなければみなが不幸になった。


 もし教師に暴力が認められないのなら、それに代わる権力を与えておかなければならない。一発レッドカードである。即時退学レベルの権限がなければ、未熟者は聞く耳持たない。武力行使できない日本政府の「遺憾砲」と同じである。坊主の長説教を聴く相手でもない。

 そして武力も一発退場も駄目なら、人間が教師をやってはいけない。AI教師に全面指導を任せるべきである。AIなら、イエローカード3枚で自動的に退学させる。

 そう考えたら、今回起こった教師の「暴力」は、何とやさしいことか。殴られた生徒は幸せである。いっとき痛いだけにすぎない。


 暴力、死刑、戦争。できれば避けたいが、すべて時と場合による。モノはほどほどである。「暴力絶対ダメ」で思考停止してしまったら、9条信者と同じ。考える力が無くなる。厭なことと悪いことは、まったく異なるのである。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1053)
 原発、エネルギー (145)
 歴史認識、軍事、外交 (268)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (123)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1058)
 社会一般 (165)
 高齢化、医療、死生観 (263)
 格差、差別、弱者、女性 (98)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (55)
 文化、スポーツ、演劇 (87)
 教育、学問、科学、宗教 (49)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (112)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (514)
 中小企業施策 (76)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (35)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (65)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR