FC2ブログ
RSS

教師の暴力

 今回の「暴力」教師の何とやさしいことか。殴られた生徒は幸せである

 東京都町田市の都立高校で、生活指導の男性教師が男子生徒を殴る様子が動画で拡散され、騒ぎになっている。1年生の生徒がピアスをしているのを、教師が注意したことからコトが始まったらしい。動画の前半では、生徒が執拗に教師を挑発しているのがわかる。TV情報によると、生徒は以前から何度もピアスを外すよう言われていた。

 学校側と「暴力」を振るった教師は、生徒とその家族に謝罪し、件の教師は処分待ちで謹慎中だという。そしてワイドショーやネットなどで「専門家」のコメントを見ても、(生徒の言動に呆れながらも)教師の行動はいけないという。どんなことがあっても、教師は暴力を振るってはいけないらしい。

                仁王

 しかし、何があっても暴力はダメ、という考えは、きわめて単純で残酷である。
 殴られる前、生徒が教師に発していた言葉は、聞くに堪えないものであった。これほどひねくれた生徒は、口頭注意だけで矯正できるはずがない。「言うだけ指導」が成り立つのは、受けるものが一定レベルの者だけである。ここで痛い目に合わなければ、生徒は一生不幸になる。それを防ぐには、あの程度の「暴力」は必要であった。生半可なビンタでは未熟な人間は目覚めない。
 さらに教師も人間である。あそこまで生徒に罵倒され、何もしなかったら気が狂う。
 すなわちこの場合、暴力がなければみなが不幸になった。


 もし教師に暴力が認められないのなら、それに代わる権力を与えておかなければならない。一発レッドカードである。即時退学レベルの権限がなければ、未熟者は聞く耳持たない。武力行使できない日本政府の「遺憾砲」と同じである。坊主の長説教を聴く相手でもない。

 そして武力も一発退場も駄目なら、人間が教師をやってはいけない。AI教師に全面指導を任せるべきである。AIなら、イエローカード3枚で自動的に退学させる。

 そう考えたら、今回起こった教師の「暴力」は、何とやさしいことか。殴られた生徒は幸せである。いっとき痛いだけにすぎない。


 暴力、死刑、戦争。できれば避けたいが、すべて時と場合による。モノはほどほどである。「暴力絶対ダメ」で思考停止してしまったら、9条信者と同じ。考える力が無くなる。厭なことと悪いことは、まったく異なるのである。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :