FC2ブログ
RSS

レーダー照射映像公開

 このさい平成最後の大晦日までに、堂々と靖国参拝を行って欲しい

 韓国駆逐艦による火器管制レーダー照射問題で、防衛省が「証拠」として当時の映像の公開に踏み切った。時事通信社によると、これには安倍総理の意向が強く働いているという。照射をしつこく否定する韓国を、牽制するためである。旧民主党政権のとき起きた尖閣諸島沖での中国漁船衝突事件の対応が、あまりにひどかったからだ。

 これで、どちらが違反しているのか明白になった。韓国駆逐艦は、すぐ近くに北朝鮮の船がいるのに、空に向かってレーダー照射している。また自衛隊機は、駆逐艦に一定の距離を保つなど、すべてにおいて国際法を順守している。しかも能登半島のすぐ近くの海、日本のEEZ内である。それに素人目にも、自衛隊員の練度の高さが伺え頼もしい。 

                守り神

 もっとも韓国は、例の如く逆ギレし、ハッタリとすり替えで必死に抵抗する。そういう醜い姿を、世界中に晒している。日本は事実と証拠で、とことん正当性を主張するだけである。これで、慰安婦や徴用工などで難癖をつけてきた韓国という国が、どれほど出鱈目な国だったのか、白日の下にさらされた。

 最近おかしかった安倍政権も、先日のIWC脱退を含め、年末になって少しまともな仕事をするようになった。
 これまでは、移民政策推進や憲法改正の遅れなど、安倍離れが加速していた。そうかといって、他の政治家は箸にも棒にもかからない。これこそ最大の国難だと思っていた。この映像公開という当たり前のことでさえ、よくやったと思える日本なのが寂しい。本来なら一発撃沈である。いままでがあまりにも軟弱であった。

 そこで今年は、平成最後の年末である。
 どうせならこの際、堂々と靖国参拝を行って欲しい。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :