FC2ブログ
RSS

南青山児童相談所

 日本が良識あるまともな国なら、反対のゴタゴタこそ南青山のブランド価値や地価を下げる

 南青山における児童相談所建設について、住民説明会が反対意見で紛糾したことが、ワイドショーなどで話題になっている。この施設は、南青山の国有地を港区が買い取り、虐待児童の相談やDV被害者を一時宿泊させたり、軽犯罪を犯した子供たちを保護するものである。

 普通に考えれば、100億円も投じて、こんな施設をつくる必要があるかどうかが問われる(F35戦闘機を1機買える)。だが、住民の反対理由はそんなことではない。「自分たちの住んでいる一等地の南青山には来てほしくない」ということであった。まさにNINBYである。住民は施設の必要性は認めているという。

 その具体的な反対理由がふるっている。
 「この地域のランチ単価がいくらか知っていますか(=貧乏人は払えないだろう)」、
 「(自分たちのような)レベルの高い子供と交われば、貧しい子供が卑屈な思いをする」
 「おしゃれなまちとのギャップに、施設の子供たちはついてこれない」
 「南青山の地価が下がる」
 など、如何に自分たちが「セレブ」か、ということをアピールしていた。これで日本中があきれ返ってしまった。

              綱引きは体格差 H30.5.20

 普通なら(いくら心のなかでは思っていても)、そんな差別的な言葉を発することなどありえない。冗談ならともかく、それを臆面なく真剣に言うところが「平民」とずれている。
 おそらく日本中でしばらく、これらの発言は面白おかしく取り上げられるであろう。昨年の「このハゲー!」に代わり、忘・新年会で盛り上がること請け合いだ。庶民とかけ離れた、特権意識の塊のような言葉は、ドラマ「下町ロケット」の見すぎではないか。発言のいくつかは、流行語大賞にノミネートされると思う。

 たぶんあんな反対理由を言う人は、南青山住人のほんの一部である。大多数はこの発言を恥ずかしく思っているに違いない。そしてこのゴタゴタが全国に広まったおかげで、住人の思いとは裏腹に、南青山のブランド価値は地に落ちてしまった。地価も下がるであろう。そうでなければ、日本は良識ある国と言えない。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1055)
 原発、エネルギー (147)
 歴史認識、軍事、外交 (268)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (123)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1060)
 社会一般 (166)
 高齢化、医療、死生観 (264)
 格差、差別、弱者、女性 (98)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (55)
 文化、スポーツ、演劇 (87)
 教育、学問、科学、宗教 (49)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (112)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (514)
 中小企業施策 (76)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (35)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (65)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR