FC2ブログ
RSS

韓国への対応

 韓国大統領の「2トラック」とは、過去のことはもちろん未来永劫集りつづけること

 韓国での、元朝鮮人労働者(いわゆる徴用工)裁判問題が、ややこしいことになっている。「不当な植民地支配の慰謝料」という、わけのわからない要求が発生するのが恐ろしい。このままでは、朝鮮半島7000万人すべてが慰謝料を要求する。一人1000万円とすると、7000万人×1000万円=じつに700兆円にもなる。

 これで終わらない。現在まで、そして未来にわたって、韓国人と関わった日本企業や日本人を永遠に強請り続ける。いま韓国に進出している日本企業は、その韓国人労働者にとって絶好のカモである。また日本で就職している韓国人、日本へ観光に来た韓国人ですら、精神的苦痛を受けたと言って、慰謝料を要求しかねない。もう何でもアリである。韓国大統領のいう「2トラック」とはこのことではないか。

                カエルか恐竜か

 現実に韓国はこれまで、日本に対してつぎつぎと難くせをつけてきた。李ラインの設置と拿捕、李明博の竹島上陸や天皇への謝罪要求、「慰安婦問題」では、あることないこと集りの材料にしてきた。そして「徴用工」訴訟である。

 これに対し、日本は何をやったか。せいぜい「遺憾の意」を表明するだけで、場合によっては無理筋を飲んで「謝罪声明」まで出してしまった。これほど他国を甘やかしたことは、これまで世界史にはなかったはずである。人類の反面教師として、燦然と歴史に残るであろう。


 つまり韓国が悪いのは、育ての親である日本が悪い。甘やかしてスポイルしてしまったのである。いまさら言葉で厳しくしても立ち直るとは思えない。心が曲がっていたら、多少のことでは救いようがない。これまでと同じ対応では、1000年経っても変わらない。

 したがってこの際、徹底的に突き放すか叩きのめす。国同士の関係は、日米のように戦争して初めて決着がつく。永久にずるずる行くより、いっときの悲惨さを我慢すればいい。北朝鮮とまとめて戦ったらどうか。
 このまま日本を茹でカエルにはしたくない。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :