FC2ブログ
RSS

なまはげが文化遺産に

 なにも刺激を受けず無菌室で育てられたこどもは、いじめに弱い

 秋田県男鹿のなまはげなど8つが、ユネスコの無形文化遺産に登録された。これについて、「児童虐待」だからダメ、と強硬に主張する人がいる。なまはげでは、怖い面をかぶった「来訪神」が家庭に乗り込んで子供を脅し接待を受ける。これが幼児のトラウマとなり、悪影響を受けるのではないかという見方である。P・C患者に至っては、子供に恐怖を与えるだけでもいけないという。神社で行われる「泣き相撲」も同じである。

 そもそも最近では、なまはげを受け入れてくれる家庭が激減し、高齢化のためなまはげになる人材もいなくなっているという。そのためなまはげ神の質が劣化。接待のお神酒で酔っぱらって、ホテルの女風呂に乱入したこともあった(羨ましい)。どさくさに紛れた痴漢行為もあったようである。

                ハゲ カツラ

 しかし、伝統文化であるこのような奇祭は、無理しても残すべきである。
 このことが幼児のトラウマとなるか、これを糧に成長するかは今のところ誰にもわからない。数百年続いているということは、メリットの方が大きかったのではないか。たとえば、いっときの恐怖が親子のきずなを深める。またなにも刺激を受けず、無菌室で育てられたこどもはいじめに弱い。大人になって丁々発止の交渉などできるはずがない。現代の病的な潔癖社会が、弱者だらけの日本を作り上げる。


 そして世界をみれば、なまはげ以上に怪しい風習はいくらでもある。アフリカの「伝統女性器切除」、韓国の酒「人糞トンスル」、中国の「纏足」、東南アジアの「首長族」などである。われわれからみると残酷極まりないが、その地域では普通の感覚である(ただ「人糞トンスル」は、発酵食品であるから人糞そのものではない。人糞肥料の有機作物と同じ原理である)。

 これらに比べたら、なまはげなどの「来訪神」はまだ生易しい。
 ハロウィンで大騒ぎするくらいなら、このような古くからの日本文化を盛り上げたほうがいい。ハロウィンも、「死者の霊」であるから、由来は似たようなものである。いずれも他人の家にあがりこんで、大盤ふるまいを受ける。子供を脅かし酒食を共にすることができるのは、楽しい風習である。それに、わざわざ仮面を用意しなくても、高齢化とともになまはげは増える。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1056)
 原発、エネルギー (147)
 歴史認識、軍事、外交 (269)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (123)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1060)
 社会一般 (166)
 高齢化、医療、死生観 (264)
 格差、差別、弱者、女性 (98)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (55)
 文化、スポーツ、演劇 (87)
 教育、学問、科学、宗教 (49)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (112)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (514)
 中小企業施策 (76)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (35)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (65)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR