FC2ブログ
RSS

ゴーン氏逮捕の行方

 高所得者は、高額で最高レベルの弁護士を雇って屁理屈を並べ、無罪も買収する

 ゴーン氏の逮捕容疑は、いまのところ「有価証券報告書偽造記載」というものである。これに加え顧問料や海外別宅などの私的流用など、チマチマと出てくる。これがどの程度の法律違反なのかは未だ明確でない。政府、検察、会社の一部役員の三者によって相当な期間証拠固めと戦略が練られたようだ。だが、元検事など法律学者があれこれ言っているところをみると、ぎりぎりなのであろう。

 そこでこの逮捕は、フランスルノー社との派遣争いであるとの見方が、一般的になってきた。20年前にルノーに救われた日産が、こんどは逆の立場になっている。いまのままでは、ケツの毛まで毟られる。ルノーに吸収され、高度な充電技術が中国に流れるという話もある。日本で生まれた企業が欧米に乗っ取られるのは、植民地支配されるようで歯痒い。
 日産は純国産企業として立て直してほしい。日産がフランス企業になるというのは、日本人として面白くない。

               罰ゲーム

 さらに誤解を恐れず書けば、ゴーン氏による日産の再建は、単なる利益の付け替えであった。社会全体として、それほど価値を増やしたわけではない。日産に繋がる数多くの企業や人々の利益を、狙ったところに集中させるテクニックである。それはそれで刮目すべき才能であるが、少数の金持ちと大多数の貧乏人を生み出すことになった。現にこのあたりから、日本人の自殺者が3万人の大台に乗っている。

 今回の事案が違法かどうかは関係ない(どうせ金持ちが作った金持ちのための法律である)。ゴーン氏は日本から去ってほしい。彼に限らず高額な報酬を得ている人はすべて、所得の低い人々に入るはずの利益を搾取している。そのうえ高所得者は、破格の費用で最高レベルのヤメ検弁護士を雇うことができる。今回も、先輩検事が現場の後輩検事に屁理屈を並べることで、無罪になる可能性を高めている。


 むろんこれは、いくら頑張っても億単位の報酬など期待できない労働者、失業そして死に追いやられた人々の負け犬の遠吠えである。幽界も一団となった、怨念の力を見くびってはいけない。理不尽なのは百も承知である。現世で巨額マネーを稼いだ人の末路は、地獄の釜の中である、と思いたい。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :