FC2ブログ
RSS

大阪万博の経済効果

 オリンピックや万博のあと、日本が寂しくならない仕掛けが必要である

 2025年に、大阪で万国博覧会が開催されることが決定した。前回1970年の大阪万博から55年ぶりである。あのときも、東京オリンピックのすぐ後で、今回も同じパターンである。万博といえば、15年ほど前には「冷凍マンモス」の愛知万博があった。

 大阪万博の経済効果は、直接2兆円で波及効果を含め6兆円といわれる。こんどの東京オリンピックは、直接3兆円で波及効果は30兆円以上と、一回り以上大きい。合わせれば40兆円近くになり、日本のGDPが一気に押し上げられる。

              仏舎利塔 H30.11.18

 もっとも、この「経済効果」ほど怪しいものはない。施設の建設費用や、入場料、新しく雇用する人たちの人件費ぐらいは、経済効果と見てもいい。それ以上の波及効果となると、首を傾げる。「水素社会の実現」、「まちづくり」、「バリアフリー促進」、「文化やスポーツの普及」、「観光需要の拡大」など、こじつけのような気がする。これらは万博やオリンピックが無くても、他の名目でお金が回る。地方の観光業のように、東京・大阪イベントのおかげで商売あがったりの業種もあるはずだ。

 したがって、オリンピックや万博のあとで、日本が寂しくならないよう仕掛けが必要である。前回1964年の東京オリンピックのときには、翌年に「昭和40年不況」と呼ばれる経済危機に見舞われた。オリンピックによる経済刺激効果がなくなったからである。その意味で今回、オリンピックに続いて大阪万博が誘致できたことは、景気づけにはなる。

 万博のあと、何を景気づけにするか。少なくとも10兆円はかけたい。核兵器または加速器の開発である。メタンハイトレードの発掘も捨てがたい。いずれも日本が世界覇権を握るカギになる。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1053)
 原発、エネルギー (145)
 歴史認識、軍事、外交 (268)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (123)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1058)
 社会一般 (165)
 高齢化、医療、死生観 (263)
 格差、差別、弱者、女性 (98)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (55)
 文化、スポーツ、演劇 (87)
 教育、学問、科学、宗教 (49)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (112)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (514)
 中小企業施策 (76)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (35)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (65)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR