FC2ブログ
RSS

毎日飲むと早く死ぬ

 それでも酒が飲めない人生では、生きていく価値がない

 わずかな飲酒であっても、健康に悪影響を与えているという研究結果が発表されていた。世界で最も権威のある医学誌のひとつ、Lancet誌の掲載論文である。昔から言われてきた「少量の飲酒なら健康にいい」という、いわゆるJカーブ理論を否定する。

 たしかに、大量に飲んだ時は脳細胞が破壊される実感があった。わずかな飲酒ではどうだろう。毎日の飲酒を欠かすことがない私にとって、ピンコロは最重要課題である。飲酒によって病気になり寝込んでしまったら、目も当てられない。入院したら酒が飲めない。数年前から死にかけていた父親も、しぶとく生き延びている。彼より早く死ねない。
 
            酒と肴 27年2月8日撮影

 わずかな飲酒でも健康悪化するという、因果関係はほんとにあるのか。
 たとえば酒を飲むと、塩分や油脂、炭水化物など、カロリーを通常以上に摂取する。食物こそ健康悪化の最大要因である。煙草の本数も数倍になる。周りも副流煙を吸う。アルコールが人体に及ぼす影響よりも、それら関連物質の取り込みの方が大きいのではないか。
 酒の中でも、日本酒は例外ではないのか。何しろ日本酒なら、いくら飲んでも2日酔いにならない。

 そもそも病気の原因は、だれにも分かっていない。ガンの場合、「がん発生遺伝子」、「がん抑制遺伝子」、「がん撲滅細胞」や、それらを刺激する活性酸素、ウィルスなどが複雑に絡み合い、そのバランスで健康状態が保たれている。少量の飲酒やその他の刺激物がどう作用するかなど、分子レベルで分かるはずがない。


 一方で、飲酒によるプラスの効果は、まちがいなくある。
 リラックスしてストレスが発散され、ふだん出せない大声を出す。脳が解放されて発想が豊かになる。なによりおいしく、陶然とした余韻がいつまでも残る。酒が飲めない人生では、生きている価値がない。
 もちろん、過ぎたるは及ばざるがごとしである。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1055)
 原発、エネルギー (147)
 歴史認識、軍事、外交 (268)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (123)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1059)
 社会一般 (166)
 高齢化、医療、死生観 (263)
 格差、差別、弱者、女性 (98)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (55)
 文化、スポーツ、演劇 (87)
 教育、学問、科学、宗教 (49)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (112)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (514)
 中小企業施策 (76)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (35)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (65)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR