FC2ブログ
RSS

地域再生とは

 世間の雑音に惑わされず、「自己責任」で思い通りの道を進んだほうがいい

 本格的な人口減少時代を迎え、いまや「地域創生」は政策の重要なキーワードになった。
 「地域再生の失敗学」で飯田泰之氏は、「現代の先進国経済において、生産性を向上させる要因は、個人・組織・地域のクリエイティビテイへと移行していく」と書いている。

 地域経済を発展させるためには、どうしたらいいか。

 この対談本の中で飯田氏と木下斉氏は、以下のように述べている
①まず稼ぐ力をつける必要がある。いかにして「稼げるまち」にするか
②ゆるキャラは「まちおこし」ではない
③「経済効果」の数字はいい加減。大抵、プラスとマイナス合わせればわずか
④代理店丸投げのイベントは、どこも同じ
⑤川上~川下までのサプライチェーンの、どこで稼ぐかが勝負
⑥地域内でいかに付加価値を高めるか。内需拡大と資本を回す
⑦テナントなどチェーン店ばかりではリスク大。小さな事業を集めて強くする必要がある
⑧事業者には稼ごうとする意欲と、仲間を呼び込める資質が必要
⑨域内店舗での製造販売と、週末行商での「貿易黒字」を狙う
⑩避けられない人口減少で、行政にはいまあるものを捨てる勇気が必要

                金の成る木

 また、入山章栄氏(早大)は、稼ぐための革新的な事業を起こすため
①フェイス・トゥ・フェイスやインフォーマルなコミュニュケーションが重要
②自分がすべてを知るのは不可能、「誰が何を知っているか」を知ることが重要
③ビジョンは経営者の顔
④そのためにオフィスはフラットにして交流を促進
⑤優れたアイデアを出す人は、ボーッとすることの重要性を知っている
⑥国内競争より海外の方が日本ブランドをアピールできる


 すべて納得することばかりで、全く異論はない。問題は、これを現実に実行する人がどれだけいるかである。いくら鐘や太鼓で煽っても、踊る人がいなければ何にもならない。


 むかし私が大学を卒業して就職するとき、これからは中小企業と地方の時代だと煽てられ、地元の小さな企業に入社した。その会社は半年余りで潰れ、その後点々と零細企業を渡り歩いた。いま、この体たらくである。
 社会で働こうとする人たちは、世間の雑音に惑わされず、それこそ「自己責任」で思い通りの道を進んでいったほうがいい。ただ一つ重要なのは、自力で稼ぐことである。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1055)
 原発、エネルギー (147)
 歴史認識、軍事、外交 (268)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (123)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1060)
 社会一般 (166)
 高齢化、医療、死生観 (264)
 格差、差別、弱者、女性 (98)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (55)
 文化、スポーツ、演劇 (87)
 教育、学問、科学、宗教 (49)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (112)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (514)
 中小企業施策 (76)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (35)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (65)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR