FC2ブログ
RSS

老害が人類を滅ぼす

 むかし活躍した老論説家が並んだ姿は、日本に貧乏神が乗り移ったようである

 小泉元首相が、性懲りもなく「原発ゼロ」妄言を吐いている。BS朝日の「激論!クロスファイア×日曜スクープ」で、田原総一郎氏との対談を行ったという。来年の参院選で「もし野党が統一候補を出して、原発ゼロを掲げて参院選の争点にしたら、自民党は危ない」と指摘し、「国民の多数はゼロに賛成だ」と述べたという。まだこんな思想に凝り固まっている。


 まだまだ不安要素が多い再生可能エネルギーをベースに据えたら、それこそ簡単に電源喪失になる。今後技術が発達し、持続・安定的に発電できる電源が開発されれば、必ずしも原発はいらない。今はまだその段階まで達していないし、そんなものを期待して国民の命を犠牲にするのは、それこそ無責任である。

 まさに「命より原発ゼロを大切」にしようとする。いったい何のために原発をゼロにしたいのか。まさに「反原発のための反原発」である。世の中すべてにリスクはあるし、その大小を考えるのがまともな政治家・論説家ではないか。目先の幽霊に脅かされている愚かな大衆と一緒になって、日本を劣等国から奈落の底に落とそうとする理由がわからない。

              幽霊怖い

 そもそもこんなジジイの妄言に、我々(自分もジジイだが)がいちいち反応するのがおかしい。だから人間は、長生きするとろくなことがないのである。日本を代表する老害論説家が並んだ姿は、まさに貧乏神が乗り移った日本そのものである。外観とは反対に、頭の中はさぞお花畑満開なのであろう。
 それ以前に、こんなものを大々的に取り上げる、マスコミの劣化こそ大問題である。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :