FC2ブログ
RSS

加計疑惑の会見

 総理が友人に便宜を払うことで日本のためになるなら、こんないいことはない

 獣医学部新設疑惑で、加計学園の加計理事長が愛媛県で会見を開いたという。説明がまずく、報道陣から「説明責任が果たされていない」などと不満の声があがっている。再度の記者会見を検討しているという。

 この会見の一部をみても、明らかに理事長は口下手である。知能程度も低い。
 だからいくら会見をしても、マスコミ慣れしていない口下手のおっさんが、記者に吊し上げられるだけである。そもそもなかったことの証明など、どうやってやるのか。かって、マスコミの追及で自殺に追い込まれた、鳥インフルエンザ浅田農園の社長を思い出す。

            馬も尻むく

 それに、たとえ疑惑がほんとだとしても、愛媛県への学園誘致ごときで、なぜときの総理が苦しまなければならないのか。いったいどんな法律違反をして、だれがどんな利権を得たのか。加計学園にしても、火中の栗を拾おうとしただけである。地方の学校経営なんかで、暴利をむさぼれるはずはない。

 総理が友人に便宜を払うことで地域や日本のためになるなら、こんないいことはない。コネも実力のうちである(ものはほどほどであるが)。つまらないことでトップの足を引っ張ろうとするから、日本ではまともな政治ができない。
 証拠の無い疑惑でも、(裏口入学の)太田光さんなら同情を集めるが、安倍政権では大事になるのがいまの日本なのである。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :