FC2ブログ
RSS

旭日旗掲揚

 我が国は、北朝鮮だけでなく韓国も相手に、熱い戦いを起こす覚悟を持つべきである

 韓国から、国際観艦式に旭日旗を掲揚しないよう通告されていた海上自衛隊艦船は、艦艇を派遣しないと通知したことが分かった。韓国側にも外交ルートを通じて伝達したという。旭日旗は旧日本海軍から現在の自衛艦旗として引き継がれ、米国を含めた国際社会に浸透している。かって韓国で行われた2度の国際観艦式では、自護衛艦は旭日旗を掲げて参加している。

 これについて、日本のネットコメントは、ほとんど全て肯定的な意見であった。
なかには、≪これをきっかけに、韓国人観光客も日本に来てほしくないし、国交断絶さえしてほしいとさえ思う≫という意見さえあった。
 やや過激な意見であるが、何にでもイチャモンをつける韓国にこれ以上付き合っていたくないと思うほうがまともである。

              25号直撃

 ただ厄介なのは、韓国内で「旭日旗禁止法」が可決される可能性があることである。この法案が通れば、旭日旗などの帝国主義関連製品を製作・流布・公共の場に持ち込むことが禁止される。また、領海および接続水域法の改正案には、旭日旗などを掲揚した船舶の領海航行を禁じる内容がある。さらに航空安全法の改正案は、旭日旗を貼り付けた航空機に運航停止命令を出せるという。

 すなわち今後韓国周辺では、自衛隊の航空機や艦船の行動がきわめて束縛されるのである。また韓国のネット世論は、
 ≪もう日本は永遠に来なくていいよ!≫
 ≪そもそも日本はこれに参加する資格がないんだよ≫
 ≪もう次からは日本を招待するな!≫

 どうみても、これは戦争である。北朝鮮だけでなく韓国も合わせた戦いが始まった。いずれドンパチの戦いが起こることは避けられない。熱い戦いで勝った方に従うのが、歴史の原則である。
 日本人は、その覚悟を持つべきである。でなければ、永遠に強請り集りの被害者で居続けなければならない。いつでも戦う覚悟があれば、残酷な戦いは避けられるし、外交もうまくいく。もちろん有事には、(秘密兵器の)じじいの決死隊が駆けつける。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :