FC2ブログ
RSS

台風への備え

 これだけ波状攻撃を受けるとなれば、気象兵器である可能性は大きい?

 いよいよ大型台風24号が、本土上陸し、わが地域を直撃する。この地域にも避難準備情報が出ている(どこへ行くのか誰もわからないのだが)。
 とりあえず強風対策である。60年前には、隙間だらけの窓に板を打ちつけた覚えがある。当時は締め切っていても風通しが良いので、風速数十メートルもあったら家の中に風が吹き込む。さすがに今は、わがおんぼろ屋敷でも、サッシ窓で密封している。多少のすきま風くらい何とかなる。

 それでも前回の台風21号でめくれ上がった老朽屋根のブルーシートと、玄関前の貧弱なカーポートが飛ばないよう、「対策」をとった。カーポートは紐で引張り、ブルーシートには水を入れたペットボトルを押えとした。みっともないが、貧乏人の台風対策である。

 カーポートぶっ飛び予防策 H30.9.30   シートめくれ上がり防止策 H30.9.30

 もっともたいていの場合、対策したところ以外で被害が発生する。最善の準備だけして、あとはなにかあったら、その都度解決する。
 台風でもたまにいいことがある。里地・里山の太陽光パネルが吹っ飛んで、景観が回復する。
 
 不気味なのは、24号のすぐ後ろに、25号が全く同じコースで追いかけている。これだけ連続波状攻撃を受けると、気象兵器と考えて不思議ではないかも。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :