FC2ブログ
RSS

サマータイム

 サマータイムは百害あってスズメの涙ほどの利益しかない

 政府は、東京五輪・パラリンピックの猛暑対策として、サマータイム制度の導入について検討を行っている。
 サマータイムは、経産省によると、つぎのように説明されている。
 「昼の明るい時間が長い期間(例えば4月~10月)、全国の時刻を標準時より1時間進める制度。起床・就寝、労働時間はこれまでどおりで、明るい夕方の時間が1時間増え、その時間を有効に活用できる。夕方の照明や朝の冷房用電力等が節約される。」

 すなわち、サマータイムのメリットは、①経済活性化、②余暇の充実、③照明の節約である。朝早く活動して、夕方以降の余暇時間が増えれば、多少の経済効果はあるかもしれない。もちろん、オリンピックで酷暑の時間をさけようという狙いもある。
 だがこれらは、ただ時間をずらすだけで解決できる。
 すなわち、サマータイムのメリットと言っても、納得できるものはひとつもない。

             湯布院
 
 サマータイムはデメリットの方が多い。
 例えば10年前、日本睡眠学会は反対する声明を発表している。サマータイム導入で早起きになる一方で「早寝」にはなりにくく、睡眠時間が短くなって健康被害につながるという。

 また産業界では、多くの不都合が指摘されている。
 食品業界では、賞味期限の廃棄ルールの変更や、そのためのシステムの変更が必要になる。軽減税率やらなんやら、わけのわからない仕組みが増え、世の中は大混乱に陥る。

 もちろん悪影響はあらゆる社会・産業に及ぶ。あちこちで遅刻やカン違いが発生する。なにしろ高齢者は変化に弱い。
 さらにサマータイムが導入されると、深刻な「2020年問題」が発生する。コンピューターシステムの改良、修復には多大な工数を要する。貴重な管理者やIT技術者をサマータイムのために貼り付けることは、日本経済の大損失である。

 それこそ、サマータイムは百害あってスズメの涙ほどの利益しかない。こんなものが採用されたら、天下の悪法、日本の恥さらしである。逆転思考の私でも、サマータイムだけは乗り気になれない。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1053)
 原発、エネルギー (145)
 歴史認識、軍事、外交 (268)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (123)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1058)
 社会一般 (165)
 高齢化、医療、死生観 (263)
 格差、差別、弱者、女性 (98)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (55)
 文化、スポーツ、演劇 (87)
 教育、学問、科学、宗教 (49)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (112)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (514)
 中小企業施策 (76)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (35)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (65)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR