FC2ブログ
RSS

倒産する企業

 再生した企業もいずれ倒産するし、いい加減な会社でも生き残る場合がある

 社会人として産業界に入って50年近くなる。これまで数多くの企業に携わってきた。20年前経営コンサルタントとなってから、地元を中心に数千社の企業を診てきた。
 これほど長く企業に関わっていると、いつの間にかなくなる企業が多い。倒産、廃業いずれも、経営状況が思わしくないからである。「私の関わった企業は消滅する」というジンクスをもっている(こんなことばかり書くから、仕事が来ないのである)。


 これら企業の再生案件では、たいてい不良債権と過大負債を抱えている。しかも赤字体質である。業界の構造不況などで、多少の収益改善では膨大な負債を解消することは難しい。返済条件の変更はあっても、債務免除はめったにない。したがって、事業内容が好転したとしても、債務が正常範囲に戻るには長い期間が必要である。再生支援を求めるような企業は、構造不況業界で青息吐息の会社が多く、一時的に立ち直ってもまた躓く。
 したがって、数年後にリスケジュール(債務繰り延べ)が終了した時点で、ゲームオーバーになることが多い。単なる延命である。

              金が飛んでいく

 一方で、起業再生で実績のある清水直弁護士の再生実話「企業再生」を見ると、ほとんどすべて債務や不採算部門の切り捨てである。じつはこれも簡単ではない。債務には必ず債権者がいるし(当たり前)、不採算部門にも生活のかかった従業員がいる。
 だから、関係者との交渉ごとは、切った貼ったの真剣勝負である。これには法律知識と度胸がいる。必ず相手の嫌がることをしなければならない。

 そこまでやっても、すべての企業が再生できるわけではない。利益を生むしくみ、ビジネスモデルができていなければ、やはり元の木阿弥である。そもそも再生に至る前の段階で、事業が破たんしている。だからすべての人がWIN-WINになることは難しい。


 不思議なのはたまに、「こんないい加減な会社」、と思うようなところが、大儲けして生き残っていることである。まだまだ私の知らない怪しい闇の仕組みが、世の中にはたくさんある。私のような清貧主義の正攻法では、とても解析できない。それを見つけ、実践できる人こそ、マンモスなのである。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1056)
 原発、エネルギー (147)
 歴史認識、軍事、外交 (269)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (123)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1060)
 社会一般 (166)
 高齢化、医療、死生観 (264)
 格差、差別、弱者、女性 (98)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (55)
 文化、スポーツ、演劇 (87)
 教育、学問、科学、宗教 (49)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (112)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (514)
 中小企業施策 (76)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (35)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (65)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR