FC2ブログ
RSS

自民党総裁選

 「言語明瞭意味不明」を地で行く総理の誕生は御免である

 9月20日の自民党総裁選は、安倍晋三現総理と石破茂氏になる。
 どちらが日本にとって好ましいかは、その人の立場による。

 安倍首相の場合、口下手でもこれまでの実績がある。核保有やエネルギー政策は物足らないが、外交面では図抜けている。
 一方の石破氏は言葉の使い方がうまく、聞いている分にはなるほどと納得する。致命的なのは具体性がないことである。

 たとえば、憲法9条である。
 安倍氏の案は、現在の条項を残したまま、別途自衛隊の存在を記載する。
 石破氏の案は、第2項の(陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない)という、屈辱的な条項を廃止することである。
 もちろん、誰が見ても石破氏の案がいいと思う。

 だが、石破氏はその案をいつ実施に移すのかについて、明言しない。安倍氏の案についても拙速を戒めている。
 そもそも現在の日本国憲法こそ、いいとこどりのコピペに過ぎない。GHQの若手が、たった2週間で草案をまとめたものである。国会にかけられ多少の修正はあったとはいえ、いわば仮制定にしか過ぎない。まだこんなものが奉られていると知ったら、当時の制定者は吃驚する。

              むっつり仏

 また石破氏は「地方こそ成長の主役」とのべ、これを政策の中心に据えると強調している。
(1)地方経済の高付加価値化、(2)農林水産業の生産性向上、(3)東京からの人材還流、に力を入れる姿勢を示している。
 具体的には、訪日外国人客数を8000万人に増やすこと、中央省庁と企業の本社機能の移転を提唱した。「大都市や大企業の経済成長の果実を、地方や中小企業に波及させるのではない」と述べ、アベノミクスと一線を画す考えを示した。サービス業の生産性向上に向けた基本法制定、女性や障害者の能力の最大活用、地方での教育拠点と交通網の充実に取り組むとも表明。再生可能エネルギーの主力電源化や、NPOなどと連携した地域コミュニティー再生にも言及している。

 だがこれらは、昔から言い尽くされたことばかりである。大事なのは、「いつまでに、どこまでやるか」であって、言葉の羅列ではない。石破氏が総理になると、かって「言語明瞭意味不明」だった総理の2の枚になりそうである。

 もっとも安倍首相のほうも、「私の在任中には、必ず拉致被害者を取り戻す」といって、一向にその気配がない。まさか任期を伸ばそうとするのは、そのためなのであろうか。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1062)
 原発、エネルギー (149)
 歴史認識、軍事、外交 (271)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (125)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1066)
 社会一般 (169)
 高齢化、医療、死生観 (265)
 格差、差別、弱者、女性 (99)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (55)
 文化、スポーツ、演劇 (88)
 教育、学問、科学、宗教 (49)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (112)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (516)
 中小企業施策 (77)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (35)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (66)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR