FC2ブログ
RSS

誰の過ちなのか

 唯一の被爆国である日本だけが、世界で一国、核兵器を使用する権利を持つ

 8月の敗戦日近くになると、どうしても広島・長崎の原爆被害を思い起こす。広島の資料館で見た、当時の悲惨な光景は忘れられない。そして平和記念公園の慰霊碑の前に刻まれた文言が、なんともおぞましい。そこには、「安らかにお眠り下さい。過ちは二度と繰り返しませんから」とある。これをみると、どうしようもない怒りが込み上げる。

 この「過ち」とは、いったい誰の過ちなのか。
 単純に考えたら、原爆を投下したアメリカである。だから、文言は「・・繰り返させません」でなければならない。
 そしてもし、「過ち」が日本のせいだとしたら。当時日本が核兵器を持っていなかったことである。あのとき日本が報復のための核兵器を所有していたらどうか。まちがいなくアメリカは、簡単に原爆を使用しなかった。現政権はそのことをよく理解しており、建前として「非核3原則」を掲げながら、実質的に核兵器保有を放棄してはいない。

              収奪の跡
 
 しかしながら、日本でこのことを理解している人は少ない。広島や長崎の式典における政府あいさつに対する、マスコミの論調は目を疑うものであった。総理の文言の中に、核兵器禁止条約に参加する表明がないといって、いっせいに責めたてている。市長も同じである。

 もし日本が、核兵器禁止条約に参加し、金輪際核兵器を使わないと宣言したらどうか。核を持っている国は、それこそ「日本くみし易し」と、ほくそ笑む。いつの日か、また日本が核攻撃に遭う可能性が高まる。それこそ日本国民の生命と財産を蔑にした、無責任な言動である。

 日本が核兵器禁止条約に参加すれば、敗戦国のお花畑思想をバカにされるだけである。それより、「政界で唯一、日本だけが核を使用する権利がある」ことを表明したほうが、はるかに抑止力になる。
 唯一の被爆国である日本こそ、世界でただひとつ、核兵器を使用する権利を持つのである(非核3原則にも、『使わない』は入っていない)。
 日本の核武装を強く願っていた、故西部邁氏や津川雅彦氏の思いをぜひ実現したい。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :