FC2ブログ
RSS

エネルギー基本計画と原発再稼働

 「水鳥の羽音」に怯え核開発を躊躇する日本は、富士川で滅びた平家の二の舞いを演じている

 政府は、2030年度までの「エネルギー基本計画」を4年ぶり閣議決定した。再生エネルギーが主力で、一応原発も中長期的に活用する。「重要なベースロード電源」だが、可能な限り低減していく。原発の新増設や建て替えには言及していない。それでもパリ協定を踏まえ、2050年までの長期方針に「安全性・経済性・機動性に優れた炉」が盛り込まれた。小型原子炉など、先端技術の開発はチマチマ推進するという。

 相変わらず原発に関して腰が引けている。昨日、名古屋高裁金沢支部で、大飯原発の運転再開を認める判決を出したが、こんな当たり前のことすら、異様な反原発派の抵抗でなかなか決まらなかった。首都圏にある東海第2原発も、規制基準を満たしているにかかわらず、各種認可や「地元」の了解などで、再稼働は闇の中である。放射脳バイアスに憑りつかれた国民におもねって、いまだに政府は原発推進を明確に打ち出すことができない。
      始祖鳥       水鳥     

 しかし、日本が足踏みをしている間に、中国ではつい最近、2基の第3世代原発が送電を開始した。この第3世代の原子炉は、電源がなくても自動冷却できる。世界で最も安全性に優れ、1基175万kWと発電能力もずば抜けている。じつは中国・ロシアではとっくに、高速増殖炉の実用運転も開始している。インドですら、もんじゅの一歩上を行く高速増殖炉を動かしている。

 彼らは、もんじゅや福島第一の失敗を見事に自分のものにしている。本来は日本がこの失敗を活かすべきであった。福島の事故は2度と起こらないし、起こったとしてもこんどは格段に処理が容易である。何のためにいま必死で廃炉作業をやっているのか。
 他国の失敗を活かし国力を高めている隣の国と、一度の失敗に慄いて穴倉に閉じこもる日本。衰退して、隣の国に飲み込まれるリスクは格段に高まってきた。まちがいなくこれは、原発事故のリスクをはるかに超える。

 放射能という「水鳥の羽音」におびえ、自前のエネルギー開発を躊躇している日本の姿は、富士川で退却して滅びていった平家の二の舞いである。こんな臆病で腰の引けたことでは、日本は確実にチベット化する。
 電力会社がリスクをとらないなら、国が前面に出るべきである。リスクをとらない国や企業は必ず潰れる。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1055)
 原発、エネルギー (147)
 歴史認識、軍事、外交 (268)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (123)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1059)
 社会一般 (166)
 高齢化、医療、死生観 (263)
 格差、差別、弱者、女性 (98)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (55)
 文化、スポーツ、演劇 (87)
 教育、学問、科学、宗教 (49)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (112)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (514)
 中小企業施策 (76)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (35)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (65)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR