FC2ブログ
RSS

暑くてやりきれない

 冬の豪雪を蓄えておくことができれば、雨も少なくなって気温も平準化できる

 7月に入ったばかりだというのに、猛烈に暑い。半月前から最高気温が30度を超え、ここ数日は35度近くの猛暑日が続いていた。来週の予報も気温35度を示している。そのうえ北陸は湿度が高いので蒸し暑い。これだけ暑いと生産性どころではない。頭が朦朧として何をやるのも厭になる。中国北京で40度超えの気温に遭ったときは、暑くても爽やかであった。

 つい4カ月前、あれほど豪雪の中で寒さに震えていたのに。日本は季節によってこれだけ極端に変わる。急に変わるから体が気候変化に慣れる暇もない。さらに例年なら、これから1か月日本各地で大雨による被害が続出する。
 冬の豪雪を蓄えておくことができれば、雨も少なくなって気温も平準化できる。雨が多いのは、大量の溶けた雪が蒸発するからである。他の生物には大迷惑であるが。

            茂み H30.7.01

 もっとも今年の夏は、庭の樹木の葉が増えて、例年ほどは暑くない。雑草もたっぷりで怪しい虫も増えた。それらが日差しを遮ってくれるし、多少は気化熱を奪う。窓のすだれは半分だけにした。植物は、今冬の豪雪に耐えたくましく成長した。琵琶の実をすべてかっさらっていったカラスの糞を栄養にしたのであろう。琵琶にとっては、人間に食べられるよりカラスの方がよかったのである。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :