FC2ブログ
RSS

カラスがうわ手

ついに、高度なステルス性能を身に着けたカラスを誕生させてしまった

 とうとう我が家の琵琶の実が、ごっそりやられた。カラスに違いない。せっかく色づいてふっくらしてきた一角が、完璧に食い荒らされている。あれだけ毎日見張っていたのに、何とも情けない。完全にカラスとの争奪戦に負けてしまった。

 じつは10日前ほど前から、カラスの気配がばったりなくなったので安心していた。その前に、睨み付けて殺気を送り込んだ。てっきり恐れをなし、寄り付かなくなったのだろうと思っていた。

            収奪の跡

 しかしその考えは甘かった。
 見えなくなってこのかた、件のカラスは腕を磨いていたのである。腕力では人間にかなわないが、カラスには羽がある。空中から忍び込むことができるし、持ち前の黒い外観は、闇にまぎれて忍び込むにはうってつけである。

 あとは、羽音をしないようにするだけである。おそらくこの10日の間、必死に音無しで飛ぶ訓練をしていたに違いない。夜中に音もなく空から来たら、並の人間には防ぎようがない。これで格段に能力がアップした。
 我が家は、高度なステルス性能を身に着けたカラスを誕生させてしまったのである。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :