FC2ブログ
RSS

米朝首脳会談の結果

 日本はただちに核武装と、先制核攻撃の準備をすべきである

 昨日行われた米朝会談では、懸念していた通り玉虫色の結論に終わった。
 肝心の「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化」(CVID)は先送りされてしまった。声明文の段階的な非核化では、従来と同じである。古い核施設を廃棄して新しい核装備をつくれば、賽の河原である。もちろん日本に向けたミサイルは、検証しようがなく温存される。

 日本人拉致問題もあやふやである。トランプ氏が金正恩に伝えただけは、これまでと何も変わらない。そのうち有耶無耶にされる。
 もし周辺国が経済制裁を解きはじめたら、事態はさらに悪化する。
 したがって、状況は最悪になった。いったん融和ムードになってしまったら、北朝鮮と一戦交えようとしていた人たちの覚悟と緊張も溶けてしまう。

            馬も尻むく

 もっともトランプ大統領は、アメリカの国益を考えているだけで、日本の都合など2の次3の次である。日本に係ることは、日本が独自で取り組まねばならない。この当たり前のことが、日本ではまったくできていない。そのことを日本中が実感したのではないか。

 拉致は、憲法で保証されている、『生命、自由及び幸福追求に對する國民の權利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の國政の上で、最大の尊重を必要とする。』を、完全に蔑にする出来事である。憲法9条を破棄するには、これ以上の理由はいらない。
 日本はただちに核武装と、先制核攻撃の準備をすべきである。他国に対し核攻撃する権利のある国は、世界中で日本しかないのである。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :