FC2ブログ
RSS

タックル負傷事件

 一部だけを見て真実を特定し、一方的につるし上げるやり方はいかにも乱暴である

 アメフトの関西学院大の選手が、日大との定期戦で悪質な反則行為により負傷したことが大問題になっている。スポーツ庁長官も乗り出した。「被害」に遭った関西学院大は記者会見で、「ルールを逸脱した行為を監督・コーチが容認していたと疑念を抱く」と批判した。さらに、「本人がこのことについて、真実を話すことが彼の人生のためにも必要だと思う」と述べたという。

 たしかに問題の場面を見ると、無防備な関学の選手の背後から、いきなり日大の選手が飛び掛かっている。これではひとたまりもない。起こったことは「事実」に違いない。TVのコメンテーターや「識者」の話では、こんなことは前代未聞だそうだ。これを日大の監督がけしかけたという話も真実味を持って飛び交っている。
 その中心人物である日大監督が一切顔を見せないことが、世間の日大バッシングに輪をかけている。このままでは、日大監督が関学の選手を潰すよう指示を出したと疑われても仕方がない。

              青竹と水仙

 しかし、非難されているように、ほんとに日大監督が全面的に悪いのか。いま日本中のバッシングで、監督は出るに出られないのではないのか。ここまで日大側の印象が悪くなってしまうと、なにを言っても信じてもらえない。もしかしたら、2度と出られないところに追い込まれる、最悪の事態になる恐れもある。
 
 すでに述べたように、真実は一つではない。被害選手、加害選手、そして「加害選手」を煽ったとされる日大監督の思い、そこに至った経緯、すべて知っている人などいない。たとえば(奇想天外な話だが)、タックルされた選手が、「加害」選手の子供を殺害していたとしたらどうか。まったく話は変わってくる。少なくとも日大監督がどのように選手を煽ったのか、ほんとのことはわからない。コミュニュケーションの行き違いによる可能性も大きい。すべての事実は小説より奇怪なのである。

 なにも関学監督の鬼坊主のような御面相を見て、こんなことを述べているわけではない。
 目先に起こった、ほんの一部だけを見て真実を特定し、一方的につるし上げるやり方は、いかにも乱暴である。無実の犯人の自白を引き出そうとするもので、モリカケ問題で政権を追求する野党やマスコミの論調にも重なる。

 もちろんこの事件だけではない。犯罪容疑者というだけで、いかにも極悪人のように扱うマスコミやネット市民の言動すべてがそうである。さらに、いくら裁判で決着がつこうが、単なる人間様の事情でしかない。
 何度も言う。真実は一つではないのである。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :