FC2ブログ
RSS

中国のトイレ革命

 中国はトップの一言でここまで変わる。日本では総理の真剣な発言すらバカにされる

 中国で次々と、豪華で風変わりな公衆トイレが誕生している。
 きっかけは、習近平国家主席の「鶴の一声」である。観光部門が進めるトイレ革命の成果について、重要な指示を出したことかららしい。

 もともと中国の公衆トイレは不衛生だと不満が上がっていた。20年前になるが、私が北京にいたとき、道ばたのトイレはもちろん、有名デパートのトイレさえ入るには、一大決心が必要であった。だから、中国のトイレが綺麗になるのは素晴らしいことである。

            豪華トイレ H29.9.10

 「鶴の一声」で思い出すのは、毛沢東の「害虫」の一言である。
 中国の大躍進政策のとき、彼のこの発言でスズメの大量捕獲作戦が展開された。正式には「除四害運動」と呼ばれたが、スズメを大量に捕獲。北京だけでも300万人が動員され、3日間で40万羽のスズメを駆除したという。しかしスズメの駆除は、かえってハエ、カ、イナゴ、ウンカなど害虫の大量発生を招き、農業生産は大打撃を被った。大量の餓死者を出した大きな要因ともいわれる。

 いまの中国でも、習近平主席の一言で、すでに7万カ所近くトイレが建設されている。男子便器の前に液晶TVが付いたものや、便座カバーが自動交換できるもの、空中トイレなど、豪華絢爛なトイレがつぎつぎ出現している。
 さすがに習近平主席からは、やりすぎだとの抑制がかかり始めたとのこと。

                微妙なバランス

 トップの一言でここまでやれる国家はいいのか悪いのか。少なくとも、軍事や経済、AIやIOTの分野では、とっくにわれわれを凌駕している。一方でほんの隣には、(中国が反面教師にしている)まるで反対の国がある。その日本では、総理の真面目な発言すらバカにされる。単に憲法に一言加えるだけの改憲でさえ、闇に葬られそうな気配である。

 何も変えられない日本と、変わりすぎる中国。理想はその中庸にあるのだろう。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1065)
 原発、エネルギー (149)
 歴史認識、軍事、外交 (272)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (127)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1073)
 社会一般 (171)
 高齢化、医療、死生観 (266)
 格差、差別、弱者、女性 (99)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (56)
 文化、スポーツ、演劇 (89)
 教育、学問、科学、宗教 (50)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (113)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (519)
 中小企業施策 (78)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (36)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (67)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR