FC2ブログ
RSS

小粒な政治家

 亀井静香氏の言うように、こんなつまらないことは笑い飛ばせばいい

 モリカケ問題では、相変わらず胡散臭い情報が小出しにされている。財務省や防衛相では重箱の隅のような文書問題で揺れている。細かいところでは、昨年10月の衆院選公示日に安倍晋三首相が福島市で演説をしたとき、集まった有権者におにぎりを配ったことで、福島の市議に任意で事情聴取したと報じていた。

 政局のタイミングからみて、すべて安倍首相に絡めた嫌がらせである。これまでも、うちわや線香など、きわめてつまらないことで、政治を騒がせてきた。
 たしかに公職選挙法では、政治家やその後援団体からの寄付行為は一切禁止されている。
             仁王
 しかしこんな規則や細かい出来事に縛られた政治家が、大した仕事ができるとは思えない。最近政治家が小粒になったのは、このようにチマチマしたルールに気を使わなければならなくなったからである。安倍総理のように、お友達が多いのもいけない。中の一人でも行政と関われば、忖度だとか身内優遇といわれる。
 このままでは、日本にはろくなリーダーが出てこない。

 したがって亀井静香氏の言うように、こんなつまらないことは笑い飛ばせばいいのである。
 もっとも、今の反対勢力はしぶといので、笑っただけでは吹っ飛んでくれない。やはりマキャベリの云うように、政治家は「恐れられる」存在にならなければならない。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :