FC2ブログ
RSS

キムヨンジャ

 地味な中高年歌手が、頻繁に歌番組に出るのかがわかる

 昨年、私の父と妹(高齢者)が、地元文化会館での歌謡ショーに参加し、珍しく感激して帰ってきた。二人揃って韓国の歌手キム・ヨンジャを絶賛していたのである。他に数名出演していた有名な女性演歌歌手を、完全に圧倒していたという。歌のうまさや声量だけではないらしい。

 この歌手は、ときおり歌番組でみかけた。だがそれほど印象には残っていない。美人でも色気があるわけでなく、特別歌がうまいとは思えない。ただのおばさん歌手である。私の好きな持ち歌もない。韓国人に対する偏見もあった。だから父と妹が、キム・ヨンジャのどこに感激したのか不思議であった。
             ほんとうか?青蛇
 しかし先日ようやく、そのことが納得できた。なにげなく彼女の「雪国」を視聴したところ、その迫力に圧倒された。ただ声が大きいだけではない。歌全体を通したメリハリと、体全体で表現する迫真の訴えは、ヒトラー演説を圧倒する。歌い手によってこんなに違う。多くの高齢者は虜になるであろう。これを聞いて、「雪国」が好きになった。「あの鐘を鳴らすのはあなた」も、紅白で聞く和田アキ子の歌とはまったく異なる。

 ビブラート多用しすぎとか、自分の声に酔ってるだけと批判する人もいる。声楽の基礎がなってないとも言われる。ときおり、言葉の乱れや音程の狂いがあるような気がする。プロの基準では落第かもしれない。

 それでも歌力、つまり聞く人を歌で感動させる力は、それらを補って余りある。いくら音楽学校優等生でプロに絶賛されていても、視聴者である素人に感動を与えなかったら、何の意味もない。
 なぜこんな地味な中高年の歌手が、これほど頻繁に歌番組に出るのかが、わかるような気がした。韓国政府や韓国人全般に対する思いとはまったく別である。
 話半分に読んでいただきたい。歌の好みはそれぞれである。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1053)
 原発、エネルギー (145)
 歴史認識、軍事、外交 (268)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (123)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1058)
 社会一般 (165)
 高齢化、医療、死生観 (263)
 格差、差別、弱者、女性 (98)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (55)
 文化、スポーツ、演劇 (87)
 教育、学問、科学、宗教 (49)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (112)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (514)
 中小企業施策 (76)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (35)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (65)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR