FC2ブログ
RSS

トヨタ方式を書いた本 トヨタのカタ① (書評)

 トヨタの優位性は、改善と適応のための組織的ルーティンである

 久しぶりに、2冊ものづくりの本に目を通した。いずれも、トヨタ方式をベースとした生産性向上のための書籍である。ひとつは、日本のものづくりの権威である藤本隆宏氏(東大)が監修した「ものづくり改善入門」。もう一冊は、マイク・ローザ―氏(リーン生産コンサルタント)の「トヨタのカタ」である。

 前者は、昨年から福井でも実施されている、「ものづくりインストラクター養成講座」のテキストでもあり、トヨタ方式をベースとしたオーソドックスな教科書である。とくに新しいことが書いてあるわけではない。(実際の現場に適用できるかどうかは別として)工程分析、コスト管理、品質管理など、基本的な知識の習得には役に立つ。ものづくりを始める人にとってはもちろん、長年ものづくりに携わってきた人にとっても、基本にもどる意味で、近くに置いておきたい本である。
            勉学に励む
 後者も、トヨタ方式をベースとしたものづくりの考え方を示す本である。トヨタの経営手法を、これまでのどの研究より、深く掘り下げていると自称している。過去20年以上、多くの人がトヨタの優れた経営手法としくみを研究し、書籍として示してきた。だが、ほとんどうまくいっていない。トヨタのやり方が、根本のところで理解できていないからである。豊田の幹部でさえうまく説明できないという。この本ではその根本を抉っていく。
 
 一言で言えば、トヨタの優位性は、定量的・財務的目標管理ではなく、改善と適応のための組織的ルーティンだそうだ。なんだかわけが分からないが、400ぺージのこの本を熟読すれば、少しは理解できるかもしれない。
 次回②では、その内容をまとめてみよう。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1062)
 原発、エネルギー (149)
 歴史認識、軍事、外交 (271)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (125)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1066)
 社会一般 (169)
 高齢化、医療、死生観 (265)
 格差、差別、弱者、女性 (99)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (55)
 文化、スポーツ、演劇 (88)
 教育、学問、科学、宗教 (49)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (112)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (516)
 中小企業施策 (77)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (35)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (66)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR