FC2ブログ
RSS

京都と福井の桜

 夜空に全開した福井の桜は、ヒトの満開を眺める京都とは違った味がある

 昨日、日帰りで京都嵐山を訪問した。まさに桜満開の時期である。そのため、福井駅からのサンダーバードの中、京都駅で降りて嵐山周辺、京都市内まで、延々と雲霞のような人波を歩くはめになった。桜の状況は、嵐山で渡月橋を渡ったところの中之島公園、トロッコ亀岡駅周辺で満開を超えていた。まさに桜が絶景に花を添えている。

嵐山中之島の桜 H30.3.31  渡月橋 人波 H30.3.31

 ただ、京都駅前にある東本願寺の渉成園にある桜は、すでに盛りを過ぎ、葉桜となっていた。まもなく姥桜に変身する。またあまりに人が多いので、いずこの女性用公衆トイレも長蛇の列であった。男性トイレでさえ順番待ちである。これではまともに酒が飲めない。帰りの列車に乗るまで、終始トイレが関心事になってしまった。

京都市内 渉成園 H30.3.31 京都駅 ヒト満開 H30.3.31 福井県庁夜桜 H30.3.31

 京都へ出る朝7時半過ぎ、自宅から福井駅途中にある県庁石垣の桜は、まだ蕾からわずかに開花を始めたところだった。桜の枝も、朝の寒さに震えていた。

 ところが半日後、京都から戻った夜8時半ごろ通ったときは、すでに8割がた蕾が弾けていた。京都の桜とは違い、熟度を増し年季が入っている。天に広がっているから、ライトアップに映え異次元の世界に見える。見上げると満点の星空を爆発させたようである。

 世界中の観光客が集まる京の桜より、みごとな咲きっぷりだと思う。それなのにこの福井では、夜桜に誘われ散歩する人は、ちらほらしか見かけない。やはり観光の目的は、桜や名所・旧跡でなく、ヒトの満開を見ることなのであった。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1062)
 原発、エネルギー (149)
 歴史認識、軍事、外交 (271)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (125)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1066)
 社会一般 (169)
 高齢化、医療、死生観 (265)
 格差、差別、弱者、女性 (99)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (55)
 文化、スポーツ、演劇 (88)
 教育、学問、科学、宗教 (49)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (112)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (516)
 中小企業施策 (77)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (35)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (66)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR