FC2ブログ
RSS

すべては膨張する

 あらゆるものが膨らみ、どうしようもなくなったところでガラガラポンが起こる

  ISO9001(品質マネジメントシステムの国際規格)の最新版、「ポケット版対訳ISO9001(2016年2/6発行)」は、452ページもある。このポケット版は、多くのISO9001の関連業務をしている人が保有している。(4~5千円するが)私も20年前から持っており、規格が新しくなるたび買い替えている。

  自宅にある歴代の旧版を調べてみた。
  1994年版(1999年発行)は、236ページ。
  2000年版(2001年発行)は、255ページ。
  2008年版(2009年発行)は、302ページ。

 版を重ねるごとに分厚くなっており、いま最初の2倍近くにもなった。大きさは180×108と、B6よりやや小さいので、最初は手軽に持ち運べた。ところがいまの版は、厚さが20ミリもあるしそれなりに重い。よほど大きなポケットにしか入らない。 
            また積もった H30.2.13
 版を重ねるごとに分厚くなるのは、これだけではない。毎年発行の日本経営品質協議会の基準書やガイド書も、どんどん分厚くなって保管場所に困る(だからやめた)。経産省の「ものづくり補助金」も、最初39ページだった公募要項が、5年後のいま83ページに膨らんだ。「小規模企業持続化補助金」の公募要項は、95ページもある。
 ここまでくると、その制度そのものの専門家が必要になる。
 
 もちろん、あらゆる法律も同じである。毎年国会では、ややこしい法律や規制がどんどんつくられる。もはや弁護士でさえ、すべての法律に精通している人はいない。その上、通達、ガイドライン、など箸の上げ下ろしまで微に入り細に入り規定される。
 宇宙が膨張するのと同じように、すべては膨らむ。エントロピーの法則である(豪雪が消えたのは状態が変わっただけである)。


 法規制はこのエントロピーを抑えようとするものだから、原理的に矛盾している。
 なにか事を起こす人は、必ず何かの規則に引っかかるようになった。まったく法規制違反なしで一生過ごす人は、なにもしなかった人である。

 このまま法律や規則がどんどん膨らんでいくと、おぞましいことが起こる。
 その国ではすべてが停滞し、規制を柔軟に活用する国に侵略される。したがって、ガラガラポンするしかない。世界中で定期的に革命や戦争が起こってきたのは、この矛盾を解消するためであった。

 人間も増えすぎた。いまや核保有国が多すぎ、大戦争ができなくなったのは、人類最大の危機である。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :