FC2ブログ
RSS

ほんとの問題はなにか

 森友問題の本当の問題は、騒ぎをどんどん大きくしたことである

 国会で大騒ぎになり、内閣支持率を急落させている、「森友文書改ざん」問題。いったい何が問題なのか。
 この問題のきっかけは、安倍首相が国会で「私や妻が土地買収の件で関与していたとしたら、国会議員を辞める」と断言したことから始まった。いま野党やマスコミが騒いでいるのは、首相や夫人が悪いことをしたからではない。単に「関与」したかどうかの一点にかかっている。これは加計学園問題にも言える。賄賂も票も関係ない政治家が、学園設立に尽力したとしても、そのことが罪になるわけではない。むしろ、それこそ政治家の務めである。

 首相がここまで断言したのだから、まず首相自身の関与はないと考えるのが自然である。だがいくら夫婦といえ、妻の行動すべて把握できるはずはない。あそこまで大見得を切ったということは、よほど妻を信頼している。ふつう政治家なら、「妻の細かい行動にまで責任を持てない」と逃げを打つ。私でさえそう思うのだから、狡猾な政治家なら言質を取らせない。
            いわざる
 首相が妻を信頼し、熾烈を極める国会の証人喚問から守ろうとする姿勢は、並みの人ができることではない。多くは妻を差し出すことで、乗り切ろうとする。
 野暮な野党やマスコミは、その一穴を狙い猪突猛進している。政権攻撃だけが目的である(そもそも「関与」は悪いことではない)。まるで大人げないし、これこそ国民無視の逆走ではないか。国会審議が中断し、来年度の予算や風雲急を告げる北朝鮮情勢が、蚊帳の外に追いやられている。これで得をする国は限られている。
 
 したがってこの森友問題のほんとの問題は、このつまらない出来事を、ここまで大きな騒ぎに拡大させてしまったことである。騒ぎが大きくなればなるほど、役人も細かいところを取り繕おうとして、文書書き換えにも手を染める。
 だれが騒ぎを大きくしたのかは、言わずもがなである。
            どうでもしてくれ
 (たとえは悪いが)不倫など不祥事のあとの記者会見で、「お騒がせして申し訳ありませんでした。」という責任者の言葉をよく聞く。この謝罪の仕方はおかしい。騒ぎを拡大したのは本人ではなくマスコミだからである。しかも騒ぎで一番迷惑を被ったのは、不祥事を起こした組織や本人である。
 ほんとうは、「お騒がせして・・・」に続けて、「それでも、世間を騒がしたのは私たちではありません。」と言いたいのである(それこそ大炎上するが)。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1053)
 原発、エネルギー (145)
 歴史認識、軍事、外交 (268)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (123)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1058)
 社会一般 (165)
 高齢化、医療、死生観 (263)
 格差、差別、弱者、女性 (98)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (55)
 文化、スポーツ、演劇 (87)
 教育、学問、科学、宗教 (49)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (112)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (514)
 中小企業施策 (76)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (35)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (65)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR