FC2ブログ
RSS

リニア談合疑惑

 スパイだらけの日本では、マスコミはもちろん財務省も検察も解体する必要がある

 リニア新幹線談合疑惑で、大手のゼネコンの担当者が逮捕された。国交省も指名停止を考えているという。談合によって不当に価格が吊り上がり、特定の業界に利益が集中する可能性はある。リニア新幹線は巨額のプロジェクトだけに、間違ったら不正の温床になる。

 検察側は、「9兆円の国家事業でなれ合いをしていたことが信じられない。こんなことをしていたら社会が腐り、日本企業の競争力が損なわれてしまう」と捜査の正当性を強調する。これも現在の法律に照らせば、「違法」なのかもしれない。犯罪としての成立要件については、関連法律や法例に詳しい人が、照査しない限り判定はできない。
            建設作業員
 しかし常識で考えれば、今度のゼネコンへの仕打ちは、あまりに理不尽である。リニア新幹線は、赤字覚悟で先端技術の開発を要する事業である。日本の建設会社が総結集してやらなければできるはずがない。むしろ発注側が、「談合」をまとめていくべきであった。

 そもそも談合禁止は、かって青天井だった建設費用高騰を抑えるための毒薬である。日本の建設工事は世界に類を見ない悪条件で、コストも何倍もかかる。もちろん、いっとき儲かったこともあった。
 その高コストを何とかしようと、談合が禁止となった。薬が効きすぎ、いまや建設業界は青息吐息である。いまは人材不足で、企業間の連携・助け合いがなければまともな仕事ができない。リニア新幹線のような、超巨大プロジェクトならなおさらである。技術的な情報交換ができれば、安全かつ安価に、工期も短く施工ができる。談合と助け合いは紙一重である。味噌と糞を混同する検察のやり方は、確実に日本の弱体化を招く。毒薬はもういらない。


 では、なぜ検察がおかしな行動を取るのか。
 深刻な懸念がある。検察がスパイの巣窟になっている可能性である。リニア新幹線談合、スパコン詐欺、財務省文書のリークなど、つぎつぎ「不正」が暴かれた。これで得をするのは、いったいどこの国か。れっきとした状況証拠である。

 談合摘発では建設業者の技術が流れているともいわれ、財務省文書のリークは、政権を揺るがしている。まさに近隣国家の工作としか思えない。財務省以上に検察の解体こそ、まな板に上がるべきである。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1065)
 原発、エネルギー (149)
 歴史認識、軍事、外交 (272)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (127)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1073)
 社会一般 (171)
 高齢化、医療、死生観 (266)
 格差、差別、弱者、女性 (99)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (56)
 文化、スポーツ、演劇 (89)
 教育、学問、科学、宗教 (50)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (113)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (519)
 中小企業施策 (78)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (36)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (67)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR