FC2ブログ
RSS

北朝鮮危機解消か

 日本の核保有を現実化できる強権的な政治家が必要である

≪北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長と会談した韓国の鄭義溶・大統領府国家安保室長は8日、米ホワイトハウスで記者団を前に声明を読み上げ、金氏がトランプ大統領との会談を要請したと発表した。トランプ氏は要請を受諾し、「5月までに会談する」と応じたとしている。声明はまた、北朝鮮が「非核化」の意向を表明し、今後は核実験と弾道ミサイル発射を「自制する」と約束したとしている。 3月9日産経新聞YAHOOニュースより≫

 緊迫していた北朝鮮情勢が一気に緩んだ。経済制裁で北朝鮮が追い詰められ、和解できるようになるのか。これまで何十年もの間、多大な犠牲を払って開発してきた核やミサイルを手放すとは、よほどのことに違いない。
 頑なだった金正恩が態度を軟化させたことで、核戦争の危機はいったん治まったように見える。

            別山稜線のお花畑 H29.8.03
 しかし、核をめぐる北朝鮮との交渉では、これまで何度も煮え湯を飲まされてきた。クリントン大統領、ブッシュ大統領、いずれも軽水炉や大量の石油などと引き合えに、核放棄を約束した。北朝鮮は、そんな約束など守るつもりはさらさらなかった。しかも今回は、ほぼ核とミサイルを手中に収めている。いったん保有したものを手放すことなど考えられない。米朝対話が実現して起こることは、日本にとって最悪の事態である。

 すなわち北朝鮮は、日本に対する中距離ミサイル核を持ちながら、米国へのICBM開発だけを凍結する。米国はこれで充分である。つまり日本は、未来永劫北朝鮮の圧力下に置かれる。南北朝鮮の統一がなされれば、核を持った大きな国が日本の隣に出現する。
 こんなバカなことを許しては、それこそ子孫に顔向けができない。国難の程度は、大東亜戦争の敗戦に匹敵する。

 問題なのは、日本が米朝対話に反対すれば、国際社会で孤立することである。せっかくの緊張緩和に水を差すとみられてしまう。これで日本のとる道は限られる。

 日本はどうするか。
 日本の安全を担保しつつ国際社会を味方につけるには、日本の核保有を現実化させるしかない。こんどはそれができる首相を待望する。間違ってもマスコミや野党が推す、逆走する政治家は御免である。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1055)
 原発、エネルギー (147)
 歴史認識、軍事、外交 (268)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (123)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1059)
 社会一般 (166)
 高齢化、医療、死生観 (263)
 格差、差別、弱者、女性 (98)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (55)
 文化、スポーツ、演劇 (87)
 教育、学問、科学、宗教 (49)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (112)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (514)
 中小企業施策 (76)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (35)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (65)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR