FC2ブログ
RSS

9条護憲の矛盾

 憲法改正の目的は、如何に日本を安全な国にするか。侵略に対抗できる国にするか

 国を大きく縛っている憲法9条2項「陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。」の改正案に対し、いまだ国民の多くは関心を示していない。元外務省の田中均氏でさえ、昨日のプライムニュースで、「いまの憲法改正案は何がしたいのかさっぱりわからない」と木で鼻をくくったような発言をしていた。

 さらに、共産党を中心とした反対勢力は、異常なほど現憲法にこだわっている。「侵略国であった日本は2度と戦争をしない国にすべき」と言う建前である。その大きなよりどころが、「立憲主義」である。憲法は権力者を縛るものであって、権力者が憲法改正を言い出すのはおかしいともいう。外国勢力に加担しているのは見え見えである。
             軍隊犬
 しかし、憲法9条をかたくなに守ろうとする護憲派は、大きな矛盾を抱えている。自衛隊を認めていることである。共産党ですら「違憲だけれど、多くの国民が認めており、専守防衛・個別的自衛の範囲ならそのままでいい。国民的コンセンサスが得られれば、自衛隊は無くしていく。」として、自衛隊を受容している。改正案への対案は、現行憲法そのものであるという。

 自分たちの思いを実現するためにだけ、都合よく憲法を歪曲している。これはとうてい護憲とはいえない。
 そもそも、なんのために憲法改正が必要なのか。その本質的議論がほとんどなされていない。単に自衛隊を明記して現行との矛盾を解消することは、ほんとの目的ではないはずである。

 真の目的は、如何に日本を安全な国にするか。侵略に対抗できる国にするかである。憲法前文に示された、「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼」がおぼつかなくなったいま、憲法すべてを見直さなければならない。9条に縛られた日本は、未来永劫、諸外国の言いなりになる。もう絶対、つぎの戦争に負けてはいけないのである。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :