FC2ブログ
RSS

裁量労働制の拡大

 過労死で死ぬことを強調する人は、仕事が人の命を救っていることを忘れている

 裁量労働制のことで国会が紛糾している。
 裁量労働制は、実際の労働時間に関係なく、労使の協定で定めた時間だけ働いたとみなし、賃金を支払うしくみである。企業は時間管理を労働者に委ねる。新法案は、これまで限られていた対象職種を広げようとしている。

 紛糾のきっかけは、裁量労働制の方が一般の労働者より労働時間が短いデータがある、という安倍総理の国会答弁からである。政府が最重要と位置づける、働き方改革関連法案の雲行きが怪しい。また、チマチマした「粗探し国会」がはじまる。

 裁量労働制は、働く時間に関わらず決まった賃金が支払われるので、残業代削減のため、乱用の恐れがある。実労働時間とみなし時間がかけ離れてしまう。労働時間の概念が薄くなり、長時間労働になりがちである。反対する人は、長時間労働で過労死が増えるということを強調する。

            見てくれ

 しかし、機械や人の流れに合わせて働く製造業や、営業時間が決まっている小売・サービス業などを除けば、現実の企業活動は、ほとんど個人の裁量である。とくに企画や制作などのクリエイティブな職場は、いくら長時間でもひらめきは一瞬である。時間に縛られて、いい仕事ができるとは思えない。

 厚労省のデータがいい加減なのは、当たり前である。裁量労働のように主観的な時間管理を、タイムカードやアンケートなどで調査できるわけがない。いくら再調査しても、その人が仕事をしているかどうかなど、頭の中を探らなければわからない。長時間会社に居るだけの昼行灯はいくらでもいる。
 間違いなく言えるのは、裁量労働制を嫌うのは、仕事のできない人である。「結果平等」の国は衰退し、近隣国家から飲み込まれてしまう。働ける人が死ぬまで働かなければならないという現実を、ポピュリズム政治家は絶対に口にできない。


 それにもし裁量労働制で、働く時間と仕事量が増えるなら、多くの人の命が助かる。過労死で人が死ぬことばかり強調する人は、余分に働いた分の付加価値が、人々に豊かさと命を提供することをすっぽり忘れている。むしろ過労死を咎める人たちこそ、大量殺人者である。目先だけ優しい人の正体は、残酷な悪魔なのである。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :