FC2ブログ
RSS

羽生の勝利と敗退

 頂点を極めたらあとは下るだけ。どのような下りの道を進むのか

 昨日は、両羽生の戦いに日本中が熱中した。フィギアスケートの羽生結弦選手と、ついこの前国民栄誉賞に輝いた将棋の羽生竜王である。いずれもそれぞれの分野のトップで、若手に追い上げられている。とくに羽生結弦選手は、一昨日のSPでトップに立ち、金メダルの可能性が大きい。怪我からの復帰戦でもある。世紀の瞬間をみようと、日本中がTVにくぎ付けになった。

 ほんとは優勝のかかった試合など、あまりライブで見たくはない。なにしろ今回のオリンピックでも、金を期待されていた日本選手は最後に力尽きている。マラソンなど他の競技も同じで、期待が大きいほど、負けると滅入ってしまう。それにフィギアスケートは、採点がわかりにくいし、他選手の失敗を祈る競技なので、あまり好きではない。

          剣ヶ峰頂上

 しかし今回は私も人並みに、羽生選手をTV応援することにした。
 結果は、久しぶりに日本人選手の勝利を、ライブで見ることができた。しかも金・銀を獲得し頂点に立った。こんなことは、20年前のシドニーオリンピックで、高橋尚子選手が金をとったとき以来である。もっと前は、瀬古選手がラストスパートでイカンガーに勝利したことしか思い出せない。いっときでも、日本中の人々を喜ばせることなど、めったにできることではない。

          下りの陽だまり紅葉 H29.11.07

 頂点があれば、あとは下るだけである(厭なこと書くなといわれそう)。
 同じころ、将棋の羽生竜王は、新鋭15歳の藤井5段に敗れてしまった。しかも藤井5段はその後の決勝戦にも勝ち、朝日杯優勝と6段昇格を確実にした。これで新しい時代がはじまる。このように、多くの人が納得する下り方ができればいい。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1053)
 原発、エネルギー (145)
 歴史認識、軍事、外交 (268)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (123)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1058)
 社会一般 (165)
 高齢化、医療、死生観 (263)
 格差、差別、弱者、女性 (98)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (55)
 文化、スポーツ、演劇 (87)
 教育、学問、科学、宗教 (49)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (112)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (514)
 中小企業施策 (76)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (35)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (65)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR