FC2ブログ
RSS

屋根雪掻き棒

 ビジネスチャンスは、思ったことを確実に実行するかどうかで生きる

 いっとき中断していたクソ雪がまた積もり始めた。前の雪がまだ消えていないどころか、たっぷり2日分雨水を吸ってずっしり重い。その上に20センチ積もると、さすがに屋根が気になる。家屋が雪で押しつぶされたというニュースがちらちら入る。我が家のように築50年を過ぎたら、いつ潰れてもおかしくない。まだ大雪は続く。

 雪下ろしするのは厳しい。昨日は私と同年配の人が、自宅1階の雪下ろし中に落下、亡くなってしまった。まして2階の屋根まで登るには、一大決心がいる。近隣を見渡しても、本格的に降ろしたところは1軒のみ。ほとんどの家は、高齢者ばかりで、ハラハラしながら見守っている。40年前の56豪雪のときは、みな若かった。

          屋根雪掻き棒 H30.2.11

 こんなとき、威力を発揮するのが、屋根雪掻き棒である。地上から、先端に板のついた長尺の棹を伸ばし、屋根雪を掻き落とす。屋根に上らなくていいし、一番分厚い軒先の雪さえ落とせば気休めにはなる。

 そこで、棹に木の板を針金でくくりつけた雪掻き棒(写真)を作った。だが自家製はさすがに使い勝手が悪い。短すぎて肝心の2階屋根に届かないのが最大欠点である。
 探すと市販でもいくつかあったが、すべて売り切れであった。もし在庫があったとしても、この雪道を運んでこなければならない。使うのはいまだけなのに、物流がストップし、我が家に届くのは雪が消えたときである。

 これも、タイミングよく販売できたら飛ぶように売れる。生産~物流~販売の手配。とくにこの悪路を、雪掻き棒を運んで売り歩く人の確保である。いまなら10軒で1本は買う。これは10年に1度のビッグチャンスである。その他にも、大雪で困っているサービスはいくらでもある。
 
 大雪のたび、みな同じことを考える。肝心なのは瞬時に実行するかどうかである。考えるだけならだれでもできる。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1055)
 原発、エネルギー (147)
 歴史認識、軍事、外交 (268)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (123)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1060)
 社会一般 (166)
 高齢化、医療、死生観 (264)
 格差、差別、弱者、女性 (98)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (55)
 文化、スポーツ、演劇 (87)
 教育、学問、科学、宗教 (49)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (112)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (514)
 中小企業施策 (76)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (35)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (65)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR