FC2ブログ
RSS

少年期のトラウマ

 それなりの犠牲を払っても、大きな獲物を得られるかどうかは天命である

 小学生のころ、点数を溜めると景品を貰えるキャラメル菓子があった。月、火星、水星、木星、金星、土星、太陽の7種類があって、それぞれ1点~50点の点数を持ち、500点集めると安価な玩具、1500点集めると天体望遠鏡が貰える。あるいは、月から太陽までの7枚すべてそろえても、1500点とみなされる。

 当時私は、1~2年かけてようやく1200点ほど集めた。これでは500点商品は貰えても、目標の1500点にはほど遠い。カードも「月」だけが集まらず、天体望遠鏡には届かない。
 うまいことに、その「月」カードを持っている友人がいた。彼は、そのカード以外にはたいして持っておらず、トータル保有点数もほとんどなかったはずである。

        競馬  どっちが勝った?      鹿人  H28.3.24

 ここからが、バカなところである。
 普通なら、私の持っている500点(1000点でもいい)と、友人の「月」カードを交換すれば、WIN-WINになる。私は7枚のカードで天体望遠鏡、友人は500点分(1000点分)の景品がもらえる。

 ところが交渉がもつれ、友人は怒って「月」カードを燃やしてしまった。500点か1000点かで、交換条件が合わなかったのである。私が天体望遠鏡を受け取るのを、妬んだのだと思う。
 ほんとは私自身も、せっかく集めた膨大な点数カードを手放したくなかったのである。1000点渡せば、確実に交換できた。だが単なる1枚の「月」カードとの交換は、あまりにも惜しい。それだけ見た価値はまったく異なるからだ。

 しかたなく私は、500点2つで、しょうもない景品を受け取った。どんな景品を貰ったかは覚えていない。もちろん友人は何も貰えない。お互い目先の欲にとらわれ、しょぼいことになってしまった。



 これが一生のトラウマになった。
 以来私は、他人との交渉ごとは、必ず譲歩が付きものになってしまった。見返りを期待するからである。「損して得取る」の格言である。

 あれから60年。
 いまだ、その友人とは犬猿の仲である。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1055)
 原発、エネルギー (147)
 歴史認識、軍事、外交 (268)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (123)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1060)
 社会一般 (166)
 高齢化、医療、死生観 (264)
 格差、差別、弱者、女性 (98)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (55)
 文化、スポーツ、演劇 (87)
 教育、学問、科学、宗教 (49)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (112)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (514)
 中小企業施策 (76)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (35)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (65)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR