FC2ブログ
RSS

木村草太氏の憲法

 いまの憲法をめぐる争いは、東大法学部「護憲ムラ」の既得権益を守る戦いである

 最近、マスコミに登場する若手の憲法学者がいる。東大法学部の木村草太氏である。最近福井でも講演を行った。
 彼はその著作「憲法という希望」の中で、理解しがたい持論を述べている。

①集団的自衛権について
 日本国憲法9条では、全面的に武力行使を禁止している。ただ木村氏が指摘しているように、例外規定があれば認められる。たとえば憲法13条は、「生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利」は「国政の上で最大の尊重を必要とされる」。日本政府はこれを例外規定として、個別的自衛権は合憲であるとしている。ほとんどの憲法学者も同意している。

 では、集団的自衛権はどうか。
 木村氏は、「日本国憲法の端から端を探しても、外国の防衛を援助する武力行使を認める根拠になりそうな規定はない」、だから「集団的自衛権は違憲だ」という。

 しかし日本国前文には、「われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。」とあり、つづけて「われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならない」とある。
 これは集団的自衛権を認める例外規定として、充分すぎる


②法の重要性
 道徳を含めた価値観は、人によって同じではない。そこで、最低限すべての人が守るべきラインを、国会が議論して決めたものが法律である。したがって法律は、なぜそのように決めたのかを理解する必要がある。「場合によっては、法律より大事なものがある」という感覚で議論してしまうことは非常に危険である。木村氏は、「9条より安全保障が大事だ」という主張は危ういという。

 しかし、決まったものは金輪際守らなければならない、という発想こそ危険である。
 憲法9条も、占領政策のもと国民の知らないうちに決められたものである。緊急事態や安全保障のように、法律・ルールがカバーしきれない領域は多い。テロや火事が発生したとき、ゆっくり廊下の右側を歩いていたら、大勢が亡くなってしまう。大津波で避難するとき、車の定員を守る人などいない。登攀禁止の電柱に登って助かる人もいた。
 頑なに法律やルールを守っていたら、組織は壊滅する。そして、ルールは常に見直さなければならない。
            立ち入り禁止
③国家の状態
 国家の第一段階は無秩序状態である。第2段階では、「暴力を独占する絶対的な存在」をつくって秩序を作り出す。そこから、立憲主義によって権力の乱用を防ぐ試みが第3段階となる。
 木村氏によると、現代の日本は、第2段階の「君主制」から、第3段階に入ったところの「第一共和制」だそうだ。じつはこの状態は非常に不安定で、ことがあれば第2段階の独裁制に戻ろうとする。木村氏の見解では、共和制を強化し立憲主義を確立することが第3段階の最終で、これを理想としている。

 しかし権力を縛る立憲主義を追求すると、自分の欲望だけを追い求める民衆が増殖し、収拾がつかなくなる。つまり最初の無秩序状態に戻る。いまの日本は、この状態に向かっているように見える。
 ほんとは、木村氏が不安定だという「第一共和制」こそが、理想的な社会ではないのか。不安定ということは、「中庸」である。中庸は難しいのである。



 木村氏は、法律の専門家として、法の重要性を強調する。また絶対的な「立憲主義」の信者でもあり、その立場から現政権の「危うさ」を訴えている。
 このようにすべての専門家は、自分の専門分野の危機を煽り、少しでも予算をつけようと企んでいる。いまの憲法をめぐる争いも、東大法学部「護憲ムラ」の既得権益を守る、いちゃもんである(もちろんこれにも中国共産党の工作が絡む)。われわれは、そんなものに惑わされてはいけない。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :