FC2ブログ
RSS

財政赤字の何が問題

 日本のお金は、大部分が年寄りのブラックホールに吸収され、塩漬けされている

 来年度の政府予算は約98兆円と、過去最大になるという。もちろんそのぶん政府の赤字も増える。この日本政府の膨大な財政赤字は、自治体や隠れ債務を含めると、1300兆円とも2000兆円とも言われる。多くの識者やマスコミは問題視している。ただ、そのことの何が問題であるか、私にはいまだよくわからない。

 経済の専門家の話は、煙に巻かれるようで、なにか胡散臭い。大衆政治家はわかりやすい説明をする。正論11月号に掲載された中田宏氏(元横浜市長)の「全国知事・政令市長ランキング」の中に、「なぜ借金が駄目なのか」の一文がある。
 それによると
 『あなたが1000万円の国債を購入し、政府が1000万円のハコモノを作ったら、政府の手元には何も残っていない。そのうち政府は課税徴収権を行使して、その1000万円は徴収される』というものである。たしかに単純明快である。

          金の成る木          太鼓判

 しかし、この説明も嘘くさい。政府が、大規模に課税徴収権を発揮する必要などまったくない(やるとしたら再分配のため)。
 それに政府が使ったお金は、そのまま誰かの貯蓄になる。しかもその段階で、ハコモノを作るという仕事が発生し、技術力が蓄えられる。つまり、いままで1000万円しかなかった国民の財産が、2倍になる。すなわち、政府が国債を発行し国民に仕事を与え報酬を支払った分、日本人は豊かになるのである。

 お金が増えるとインフレが心配という人がいる。ただインフレは、需要が供給力を超えた場合である。いまのところそんな心配はない。むしろ、需要を増やそうと思っている企業は大歓迎である。日本人の根性からみて、一旦貯蓄したお金は金輪際遣おうとしない。まさにブラックホールである。

 その証拠に、「貯蓄を取り崩す高齢者」が、まったく増えていない。高齢者の多くは、潤沢に社会保障費の給付を受け、遣い切れなくて貯めこんでいる。年金の半分は、三途の川の渡し代として、大事に貯蓄される。閻魔様は清潔でお金を取らない。つぎに遺産を受け取った子供も70歳過ぎて、自分の地獄行きに備えなければならない。日本のお金は、このブラックホールに際限なく吸収され、永久に塩漬けされる。
 だから今の日本では、政府がたっぷりと赤字国債を発行しなければ、経済が成り立たないのである。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1065)
 原発、エネルギー (149)
 歴史認識、軍事、外交 (272)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (127)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1073)
 社会一般 (171)
 高齢化、医療、死生観 (266)
 格差、差別、弱者、女性 (99)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (56)
 文化、スポーツ、演劇 (89)
 教育、学問、科学、宗教 (50)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (113)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (519)
 中小企業施策 (78)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (36)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (67)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR