FC2ブログ
RSS

人間の食べ物

 これからは、人類が食べたことのない物質の摂取を試みていく

 昨日の夕食時に、通販で購入した牡蠣を大量に食べた。我が家ではめったにない御馳走である。10㍑缶にぎっしり入って4,000円。大ぶりの牡蠣が少なくとも5~60個は入っており、大人4人で、あきるほど食べた。もちろん、加熱したはずである。
 ただその後がいけない。
 下痢した者と便秘になった者がいる。もしかしたら感染性胃腸炎かもしれない。人間は、こんな危ない食べ物を美食にしているのである。これに懲りず我が家では、正月に恒例のナマコ料理を大量につくる。

 以前、秋田県の居酒屋で、日本酒の容器に入った洗剤を誤って客に提供し、飲んだ人が入院したというニュースがあった。この店では、洗剤を日本酒容器に保管していて、従業員がこれに気づかず客に提供したらしい。
 ふつうなら洗剤をそのまま飲めばすぐわかる。「被害者」は、日本酒を飲んだことがなかったのであろう。

 私も居酒屋で、洗剤入りの日本酒を飲んだことは何度かある。酒燗器を洗浄するとき洗剤が混じることはよくある。2合瓶徳利で半分ほど我慢して飲み、クレームを付けた(対応が悪かったので2度とその店にはいかない)。その程度では体に異常はない。あっても気が付かない。さすがに秋田県のように、ストレートの洗剤を1合も飲めばおかしくなる。

              飲むイヌ

 そもそも人間は雑食動物である。人類史は、あらゆる物質を食べようと試みてきた歴史でもある。魚介類や動物は、細菌の宝庫である。もちろん植物野菜の多くは有毒だから、死ぬ人も多かった。それを工夫して、煮たり焼いたり、選んだりの試行錯誤で、人類を70億人にも増やしてきたのである。

 これからは、人口増の伸びに食料の増産が追い付かなくなる。新たな食物、場合によってはこれまで人類が食べたことのない物質を、体内に摂取する試みがあっていい。何が毒か毒でないか分かるようになる。異物混合ぐらいで、回収・大量廃棄することなどとんでもない。市販の洗剤とウィスキーでは、どちらが体に悪影響を与えるか。ほんとは誰にもわからない。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1064)
 原発、エネルギー (149)
 歴史認識、軍事、外交 (272)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (126)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1073)
 社会一般 (171)
 高齢化、医療、死生観 (266)
 格差、差別、弱者、女性 (99)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (56)
 文化、スポーツ、演劇 (89)
 教育、学問、科学、宗教 (50)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (113)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (518)
 中小企業施策 (77)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (36)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (67)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR