FC2ブログ
RSS

なぜ人は生きているのか

 なぜ生きているかわからなくても、生きているなら幸せな方がいい

 新潮45には、「ビートたけし 達人対談」と言う記事が連載されていた。この月刊誌は、やたらと人をバカにする評論家が格を下げ、この記事はそれをカバーしている。たけしのユニークな質問が、それぞれの達人の専門性を際立たせている。

 10月号の対談は、幸福学の達人・前野隆司氏(慶応大学院教授)であった。氏はもともと、ロボット学の研究家で、ロボットに心を持たせる研究を行っていた。そのうち、人間の心に関心をもつことになったという。氏のおもな主張は、人間には自ら何かしようとする主体的な意識はなく、無意識が決めたことを追認しているだけ、ということである(この理論では、すべて殺人や不倫も、自分の意思ではないことになる)。

         うばさくら 25.4.13

 前野氏は、人間の永遠のテーマである幸福の追求、どうすれば人が幸せになるかを研究している。
 ではどうすれば幸せになるのか。
 人が幸福を感じるのは、「ほどほどの目標を持っていること」、「人とのつながりがあること」、「なんとかなるという前向きの心」、「他人と比べないマイペース」の、4つの因子を持っていることだという。この因子を持つようにすればいい、この当たり前のことが大切なのである。
 
 ただその根本には、なぜ人は生きているかという、永遠の疑問がある。これについて誰もが納得できる答えなど無い。前野氏は、生きる意味なんて本当はないという。それも寂しいが、人間以外の生物はそんなこと考えない。
 もっとも、なぜ生きているかわからなくても困らない。生きているなら幸せな方がいいだけの話である。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1055)
 原発、エネルギー (147)
 歴史認識、軍事、外交 (268)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (123)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1059)
 社会一般 (166)
 高齢化、医療、死生観 (263)
 格差、差別、弱者、女性 (98)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (55)
 文化、スポーツ、演劇 (87)
 教育、学問、科学、宗教 (49)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (112)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (514)
 中小企業施策 (76)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (35)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (65)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR