FC2ブログ
RSS

雨の交通指導

 いやなことや我慢の時間を過ぎれば、しばらくは充実した幸福が訪れる

 地域の交通安全推進員として、月に2~3回、近くの交差点で交通指導を行っている。
 今朝は7時から、防寒具とマフラー、頭巾の上から透明フード付の雨具を着用した「完全武装」で現場に立った。予定では、3名の推進員がいるはずなのに、現場に行ったら私のほかに誰もいない。推進員は高齢者ばかりなので、無理しないのであろう。冷たい雨の中、一人で単調な仕事を行う羽目になった。

 推進員が立つ交差点の端っこは、雨水が溜まっており、靴の中まで浸み込んでくる。その上、道路のわだちに溜まった水を、通行車両が容赦なく跳ね上げる。通り過ぎる車は、私の持つ点滅誘導棒などまるで見ていない。いつもながらこの1時間は長い。「完全武装」なので、寒くないのが救いであった。

      あっぱれ H28.12.5

 推進員の制服は目立つし、一見警察官のように見える。だから、歩行者や自転車通行者には、一目置かれている。

 雨の日に危険なのは、傘をさしたまま自転車に乗ることである。
 自転車に乗った高校生が、私の姿を見てそそくさと差していた傘を仕舞い込んだのは、哀れであった。傘がないと、濡れながら走る。適切な雨具さえつければ、快適に自転車に乗れるのに。
 その一方、不真面目な自転車通行者は、推進員のいる交差点横断歩道を渡らず、片手で傘を差したまま、堂々と道路を横断する。100メートルも離れていたら、睨みつけることもできない。

 単調な時間が経過し、ようやくお役御免の時刻が来たときは、さすがに体中が芯まで冷えていた。着用した雨具も、車にかけられた泥水で汚れている。自宅でこれらを洗い、温まって寛ぐまでには、まだしばらくかかる。


 いま、やっと落ち着いたところである。
 生産的な仕事を全くしなかったのに、なぜか充実感で満ちている。いやな我慢の時間を無理に過ごした反動である。それだけが収穫であった。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1053)
 原発、エネルギー (145)
 歴史認識、軍事、外交 (268)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (123)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1058)
 社会一般 (165)
 高齢化、医療、死生観 (263)
 格差、差別、弱者、女性 (98)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (55)
 文化、スポーツ、演劇 (87)
 教育、学問、科学、宗教 (49)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (112)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (514)
 中小企業施策 (76)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (35)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (65)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR