FC2ブログ
RSS

保守の安倍政権批判

 できないことを正論で終わらせるより、できることをさっさとやったほうがいい

 7日のプライムニュースは、西尾幹二氏が出演しての、安倍政権批判の独演場であった。久しぶりに見る西尾氏は異常にやせ細った、惚け老人の様相である。たぶん大きな病気を抱えている。
 だが痴呆どころか、2時間近く他のコメンテータを圧倒し、「保守」の貫録を見せていた。さすがの山口二郎氏も、安倍総理の擁護を行っていたくらいである。

 西尾氏によれば、いまの保守論客の多くは、安倍首相を甘やかしすぎているという。むしろ、加藤氏や福田氏のような左翼系首相のほうが、例えば拉致問題の進展はあったかもしれない。とくに安倍総理の決定的失敗は、必要ない70年談話を出したことだと批判していた。これで、世界における日本の歴史的敗北が決定してしまった。
 また、安倍首相の憲法改正私案(9条2項をそのままに3項で自衛隊を明記)は、ぬるすぎるし2項は絶対に排除すべきと主張する。国民投票において、もっと国民を信頼してよいと述べている。

 たしかに、拉致問題、靖国参拝、70年談話、外国人労働者、もんじゅ廃炉、女性宮家創設など、現政権は、保守の側からみたらかなり日和っていることは間違いない。私自身も大いに不満である。安倍政権が誕生した時、本格保守としての行動を期待していた西尾氏が、ここまで安倍総理を批判するのは、よほど期待値からの反動が大きいのであろう。

               達磨 横

 しかし、コメンテータの一人衛藤晟一(首相補佐官)が説明していたように、現実の政治は西尾氏の言うような理想の正論だけでは動かない。
 憲法9条の大幅改正にしても、国民は決して利口ではない。マスコミが担ぎ上げる「識者」の言説にしばしば血迷い、なにを選択するかわからない。いまの原発停止状態や、かっての郵政民営化選挙を見ればわかる。民主党が政権を取った時もそうであった。つい最近も、希望の党狂想曲があった。
 したがって、9条2項を廃止するという、戦後憲法の決定的な改変は、マスコミの総力戦と戦うことになり、国民への印象操作では勝ち目がない。

 できないことを正論で終わらせるより、できることからさっさとやったほうがいいと思う。西尾氏の論説は衰えてはいないが、年取って柔軟性が無くなってきたことだけは確かである。 
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1064)
 原発、エネルギー (149)
 歴史認識、軍事、外交 (272)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (126)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1073)
 社会一般 (171)
 高齢化、医療、死生観 (266)
 格差、差別、弱者、女性 (99)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (56)
 文化、スポーツ、演劇 (89)
 教育、学問、科学、宗教 (50)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (113)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (518)
 中小企業施策 (77)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (36)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (67)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR