FC2ブログ
RSS

女性宮家

 いったん女系天皇が生まれれば、もう取り返しがつかない

 中国系市民の日本工作のひとつが、皇室の廃絶である。彼らの狙いは、最終的に「女系天皇」を擁立し、万世一系をなくす。そのための前哨戦として、いま女性宮家の設立を企んでいる。

 現に昨日の福井新聞では、共同通信社の全国世論調査の結果として、「女性宮家創設賛成が60%」という記事が、1面に掲載されていた。明らかな印象操作である。世論を女性宮家から女性天皇、そして女系天皇容認へと導く、日本破壊工作である。再来年に決まった天皇の譲位を機に、流れを変えるべく工作活動が活発化してきた。

              継体天皇 再来 H29.6.22

 前にも書いたが、男系天皇の継続による万世一系は、日本が日本である根本である。天皇の父親をたどっていくと、必ず神武天皇にたどり着く。それが2700年近く続いている。その権威のおかげで、世界に冠たる平和国家であり続けた。世界でも一目置かれている。日本というより、世界の宝である。
 どんなことがあっても、万世一系の原則だけは崩してはいけない。

 もし女系天皇が誕生すれば、天皇としての正統性が無くなってしまう。
 だから、日本を貶めたい工作機関は、女系天皇への道をつくるのに必死である。マスコミを総動員し、世論を煽って60%のノンポリの頭を汚そうとしている。だからおかしな世論調査の結果が出る。

 いっときの感情にまかせ、数千年の歴史を踏みにじる権利など、われわれにあるはずがない。いったん女系天皇が生まれれば、もう取り返しがつかない。阻止するためには、自爆テロでも何でもする、じじいの決死隊の出番である。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :