FC2ブログ
RSS

なぜ医師が不足するのか

 医者が不足しているというのは、医療業界の自作自演

 ≪香川県内の県立病院で昨年度、時間外労働が2千時間を超える勤務医がいたことが7日、県への取材でわかった。また勤務医約50人が、労働基準法に基づく法定労働時間(1日8時間、週40時間)を超えた時間外労働を可能にする労使協定(36〈サブロク〉協定)の上限を超えて働いていた。県は背景に医師不足があるとし、「医師確保に努めているが、妙案はない」としている。11月7日、朝日新聞デジタルより≫

 医者の数は30万人を超えている。しかも毎年5000人増えている。日本の人口は減っているのに、医者は増える。
 それなのになぜ、医者が不足するのか。
 一般に言われているのは、高齢化で病気になる人が増えたからである。しかも高齢者は、健康保険料を払わなくていいため、どうでもいい病気で医者を煩わせる。

           般若

 そして最大の理由は、医療の専門分野が細分化したからである。むかしは内科に行けば、たいていの病気を診てもらうことができた。私が子供のころ、目が痛くても内科で治療してもらったことがある。今では当たり前の、小児科や皮膚科、耳鼻科などあんまりなかった。

 つまり現代では、いくつもの病気を抱えている人、年寄りほどたくさんの医者に診てもらわなければならない。高齢者で医者の10人かけもちは当たり前である。医者にかかるほうも大変なら、見るほうも細切れで、きわめて効率が悪い。


 したがって、医者不足を解決するなら、一人の医者がいくつもの病気を診ることである。どうせ年寄は大した病気を持っているわけではない(命の重さも軽い)。専門分野、たとえば耳鼻科や皮膚科の病気の8~9割がたは、どんな医者でも診れるはずだ。ほんとは医者でなくてもいい。

 医者が不足している云々というのは、医療業界の自作自演のような気がする。毎年増える医者の既得権益を、確保しなければならないからである。だから今後、人口減で医者が余りそうになったら、また専門分野を細かくする。今でもややこしいのに、病人はどの医者にかかればいいのか、ますます分からなくなる。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1053)
 原発、エネルギー (145)
 歴史認識、軍事、外交 (268)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (123)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1058)
 社会一般 (165)
 高齢化、医療、死生観 (263)
 格差、差別、弱者、女性 (98)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (55)
 文化、スポーツ、演劇 (87)
 教育、学問、科学、宗教 (49)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (112)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (514)
 中小企業施策 (76)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (35)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (65)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR