FC2ブログ
RSS

流行語大賞

 どのようなものが選ばれるかは、選考者のセンス次第である

 毎年、年末になると、いろんな団体から「流行語大賞」なるものが発表される。なかで最も「権威」のあるのが、『ユーキャン新語・流行語大賞』である。

 その2016年大賞は、「神ってる」であった。その他トップ10は、「ゲス不倫」「聖地巡礼」「トランプ現象」「PPAP」「保育園落ちた日本死ね」「(僕の)アモーレ」「ポケモンGO」「マイナス金利」「盛り土」であった。
 2015年より前は、「トリプル3」、「爆買い」、「ダメよ~ダメダメ」、「集団的自衛権」、「今でしょ!」、「お・も・て・な・し」、「じぇじぇじぇ」、「倍返し」などが大賞として選ばれている。

             貧困女性 

 さて今年は、どのような言葉が大賞に選ばれるのか。ざっと予想してみよう。
 「貧困女性の実態調査」、「このハゲー」、「ちーがうだろー」、「・・・リーヌ」、「忖度」、「一線越えた」、「排除の論理」、「モリカケ」あたりか。いかにも、ネトウヨらしい選択である。

 今年はノミネートされた30語の中から、一般投票が行われる。そろそろ30語がノミネートされるはず。私の予想した言葉が、その中に入っているかどうか。入っていなかったら、選考委員のセンスが悪い。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :