FC2ブログ
RSS

いつ終わる一票格差訴訟

 一票格差の限度を憲法に明記すれば、たちの悪い訴訟の悪循環は終わる

 選挙が終わると決まって、怪しげな弁護団による「一票格差での選挙無効訴訟」がはじまる。その中心である升永弁護士は、「国会議員の多数決が、国民の多数意見と一致することが保証されておらず、憲法違反だ。無効選挙で選ばれた議員や総理大臣は無資格者であり、法律を作ることも違憲だ」と述べている。

 彼らが、悪平等の典型である一票の平等に、これほどまで執着するのはなぜか。
 専門家としての悪趣味が高じた信念なのか、日本の国政混乱をはかろうとする中国の工作員なのか。そのどちらかしかない。現実的に(全国比例でない限り)、完全な一票の平等はありえないのだから、やはり終わりのないいやがらせか工作活動である。

           メガネーシャ H29.10.11

 しかし一票の格差を是正すれば、ますます地域間の過疎と過密に拍車がかかる
 そもそも一票の重みが、すべての国民で同じ、ということなどありえない。地域の差だけでなく、一人一人知見も違うし、社会的な重みも異なる。棺桶に片足突っ込んだ高齢者と、これから社会に巣立つ若者の一票が、平等であるはずがない。本来は、それらの悪平等を是正すべきではないのか。


 では、この訴訟はいつまで続くのであろうか。
 最終的に判断を下すのは、最高裁判所の裁判官である。彼らが、一票の差がたとえば、10倍までと判断すれば、それが合憲となる。だが今回の最高裁判官国民審査では、一票の格差が違憲状態だとした裁判官も、すべて信任されてしまった。これではいつまでたっても、この問題はくすぶり続ける。

 したがって根本は、一票格差の限度(10倍)を憲法に明記することである。たちの悪い悪趣味弁護士が引きも切らない現実では、仕方がない。国民投票で、一票の差を是認した憲法を制定すれば、逆立ちしても違憲訴訟はできない(それでも屁理屈をつける人はいるだろうが)。こんどの憲法改正の発議には、このことも忍ばせておこう。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1062)
 原発、エネルギー (149)
 歴史認識、軍事、外交 (271)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (125)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1065)
 社会一般 (168)
 高齢化、医療、死生観 (265)
 格差、差別、弱者、女性 (99)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (55)
 文化、スポーツ、演劇 (88)
 教育、学問、科学、宗教 (49)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (112)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (516)
 中小企業施策 (77)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (35)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (66)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR