FC2ブログ
RSS

赤字財政が国を富ます

 経済成長を求めるなら、政府の財政赤字は増やしていく必要がある

 来年度の政府予算はまた100兆円を超え、日本政府の国債発行残高は1100兆円以上になる。こんどの消費増税も赤字解消には遣われない。このことを深刻にとらえ、警鐘を鳴らす人は多い。少なくとも元利払いを除く政策経費は、税収だけで賄う必要がある、と警告する。いまだに専門家と称する人の半分以上は、財政再建が必要だと唱えている。

 だがその必要はまったくない。そんなことをすれば経済発展を阻害する。財政赤字や累積の国債1000兆円など、まったく問題がないことは、本ブログで何度も繰り返している。
 別な観点から、このことについて述べてみよう。

              ほんとうか?青蛇
 政府の財政赤字は、そのまま国民の金融資産である。もし政府に財政赤字がなかったら、国内のお金は流通する分しかない。企業が借金している分だけ、国民の貯蓄である。その場合、お金はぐるぐる回るだけで増えない。こんなことは少し考えればわかる。

 長く仕事を続ければ、一人当たり生産性は向上する。モノやサービスの絶対量が増えてお金の量が同じなら、モノやサービスの価格は下がる。これがデフレである。デフレが人々を苦しめることはいまさら言うまでもない。

 モノは過剰になると輸出できるが、サービスを輸出するのは難しい。だから、サービス供給者は、いくら「おもてなし」のレベルが上がっても低賃金のままである。また、せっかくいいモノが日本に増えても、外国にいくだけでは日本人の生活は豊かにならない。さらに輸出は相手があるため、お金が増えても長続きしない。


 したがって、デフレにならないために、増えた分のモノやサービスにあわせ、お金と需要をつくる必要がある。これが金融政策と財政政策である。お金を増やせるのは、政府しかない。財政政策としてモノやサービスを購入し、お金を増刷し国民に払えば、そのぶん国民は豊かになる。さらに政府の買ったモノやサービスは、国民の財産になる。


 その段階で、政府が支払ったお金や輸出した分の代金は国民の懐に入る。
 そのうえ個人は、いったん蓄えたお金は使いたくない。1000万円溜まれば、2000万円溜めたくなる。だから国民に、遣うあてのないお金がどんどん貯まる。夫婦で教員して定年退職し、兼業農家でもやっていた人の財産は、目をむくほど多い。それでも彼らはお金を遣わない。それが今の財政赤字となった。
 経済成長のためには、国はさらにお金を発行するしかない。


 つまり基礎的財政収支を黒字にするということは、国内のお金が増えないということである。それでは所得が増えることは無く、成長するはずがない。
 ケチな国民の多い国が経済成長するには、財政赤字をどんどん増やしていかなければならないのである。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1055)
 原発、エネルギー (147)
 歴史認識、軍事、外交 (268)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (123)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1059)
 社会一般 (166)
 高齢化、医療、死生観 (263)
 格差、差別、弱者、女性 (98)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (55)
 文化、スポーツ、演劇 (87)
 教育、学問、科学、宗教 (49)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (112)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (514)
 中小企業施策 (76)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (35)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (65)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR