FC2ブログ
RSS

赤字財政が国を富ます

 経済成長を求めるなら、政府の財政赤字は増やしていく必要がある

 来年度の政府予算はまた100兆円を超え、日本政府の国債発行残高は1100兆円以上になる。こんどの消費増税も赤字解消には遣われない。このことを深刻にとらえ、警鐘を鳴らす人は多い。少なくとも元利払いを除く政策経費は、税収だけで賄う必要がある、と警告する。いまだに専門家と称する人の半分以上は、財政再建が必要だと唱えている。

 だがその必要はまったくない。そんなことをすれば経済発展を阻害する。財政赤字や累積の国債1000兆円など、まったく問題がないことは、本ブログで何度も繰り返している。
 別な観点から、このことについて述べてみよう。

              ほんとうか?青蛇
 政府の財政赤字は、そのまま国民の金融資産である。もし政府に財政赤字がなかったら、国内のお金は流通する分しかない。企業が借金している分だけ、国民の貯蓄である。その場合、お金はぐるぐる回るだけで増えない。こんなことは少し考えればわかる。

 長く仕事を続ければ、一人当たり生産性は向上する。モノやサービスの絶対量が増えてお金の量が同じなら、モノやサービスの価格は下がる。これがデフレである。デフレが人々を苦しめることはいまさら言うまでもない。

 モノは過剰になると輸出できるが、サービスを輸出するのは難しい。だから、サービス供給者は、いくら「おもてなし」のレベルが上がっても低賃金のままである。また、せっかくいいモノが日本に増えても、外国にいくだけでは日本人の生活は豊かにならない。さらに輸出は相手があるため、お金が増えても長続きしない。


 したがって、デフレにならないために、増えた分のモノやサービスにあわせ、お金と需要をつくる必要がある。これが金融政策と財政政策である。お金を増やせるのは、政府しかない。財政政策としてモノやサービスを購入し、お金を増刷し国民に払えば、そのぶん国民は豊かになる。さらに政府の買ったモノやサービスは、国民の財産になる。


 その段階で、政府が支払ったお金や輸出した分の代金は国民の懐に入る。
 そのうえ個人は、いったん蓄えたお金は使いたくない。1000万円溜まれば、2000万円溜めたくなる。だから国民に、遣うあてのないお金がどんどん貯まる。夫婦で教員して定年退職し、兼業農家でもやっていた人の財産は、目をむくほど多い。それでも彼らはお金を遣わない。それが今の財政赤字となった。
 経済成長のためには、国はさらにお金を発行するしかない。


 つまり基礎的財政収支を黒字にするということは、国内のお金が増えないということである。それでは所得が増えることは無く、成長するはずがない。
 ケチな国民の多い国が経済成長するには、財政赤字をどんどん増やしていかなければならないのである。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :