FC2ブログ
RSS

経営計画は必要か

 肝心なのは、自分がきちんと納得できることである

 あたらしく事業を始めるとき、金融など支援機関から、必ず経営計画を作成してくれといわれる。創業者はもちろん、これまで事業をやってきた人にとっても、計画を作るのは厄介である。私が製造会社を立ち上げたときも、まともな経営計画などなかった。

 なぜ経営計画が必要なのか。
 計画なしに事業を進めてしまうと、事業者は必ず以下のような罠に陥る。

事業者が陥りやすい罠
 1.自分が欲しいからこの商品は売れるはず・・自分の趣味を優先
 2.こんなやり方はだれも知らないはず・・じつは業界の常識だった
 3.そんな規則があったのか(許認可、届け、業界ルールなど)
 4.そんなに費用がいるのか
 5.これくらい出してもいいか・・・どんぶり勘定
 6.もっとよいものを・・きりがない
 7.だれも思ったとおり働いてくれない、任せられない

 毎日こんな罠にはまっていたら、利益など吹っ飛んでしまう。陥りそうな罠を、あらかじめ予想しておけば、ドツボにはまることは少ない。
      
          太鼓判

 そして、経営計画(ビジネスプラン)は、つぎの人たちのために必要である。多くの人に内容を理解してもらうと同時に、問題点があれば指摘してもらおう。
 
1.自分自身のため
  ・事業をバランスの取れたものとする
  ・やり始めてからの失敗を少なくする
2.他人に理解してもらうため
  ・身内、家族に対して
  ・出資者に対して(金融機関、公的機関)
3.事業の目標設定のため
  ・売上、利益など事業を現実的にみる
  ・社員に理解してもらう     

 肝心なのは、自分がきちんと納得できることである。自分がわからないのに、他人が理解できるわけがない。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :