FC2ブログ
RSS

日産の検査問題

 品質は工程でつくる。余計な検査を定めた運輸省の規制の見直しが必要

 日産自動車で、認定されていない検査員が完成車検査を行っていたという事実が発覚した。自動車メーカーは、あらかじめ認定した従業員が出荷前に「完成検査」を行う。これは道路運送車両法や関連の実施要領などで定められている。それに対し日産では、認定されていない「補助検査員」が一部の検査を行っていたという。

 つまり運輸省規制によって、認定された検査員が検査することが求められており、それに違反したということである。詳細がわからないが、これは単に手続き上の問題のようにも見える。すなわち、「補助検査員」に検査の権限を与えていなかったのであろう。
 いずれにしろ、法律で規制されていることに違反したとすれば、弁解の余地はない。

                危険な赤い車
 しかしこれが、全国ニュースになるほど重大なことなのか。
 ほんとに重要なのは、現物である製品の品質であろう。ものづくりにおいては、「品質は工程で作りこむ」のである。いくら検査を厳重に行っても、いい製品が生まれるわけではない。むしろ検査に頼りすぎ、作業を疎かにすることさえある。

 それに自動車の検査制度については、以前から問題があった。車検や定期点検制度など、ほんとに必要なのか疑わしい。天下りの利権組織が検査員の資格を認定することや、業界のための既得権益保護の色合いがきわめて強い。工場での最終検査にしても、認定検査員と補助検査員とで、なにが違うのか。たぶん何も変わらない。現場の管理者が、合理的な行動をとっただけであろう。

 したがって本質は、余計な検査制度そのものが必要かどうかである。このことが問題視されなければならない。一方的に日産が悪いというだけでは、ほんとうの問題が隠されてしまう。これでは日本中がムダの堆積場になる。もんじゅの点検漏れも全く同じ構図である。原発の審査では自殺者まで出た。
 ルールは従わなければならない。だが見直さなければ、ゴミと悲劇の産出源になる。
 (こんなこと、当事者である日産は口が裂けても言えない。)
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :